2010年06月30日

通院日 疲労 減薬(断薬)


 昨日は通院日でした。夜までは体調はよかったのですが・・。


 診察室(ここは診察室とう感じではなく応接間といった感じ)

 に入ると、先生がいつもの通り様子を聞きます。
 
 私は、あきに話をさせようと「自分で言ってごらん」と言いました。

 あきはしばらく考えていると先生が

 「じゃ・・・まず今日はどんな様子?」と聞きました。

 あきは

 「今日は調子が良いです。でも、少し動くと疲れてしまいます」

 と言いました。

 「先生は、疲れるときはどんな感じ? 体がだるい?」

 「はい・・・重い感じがします」

 「それは、毎日?それとも、一日の内に何回か?」

 「一日の内に何度かあります」

 「たとえば、楽しい事とか良いニュースとか聞くと
 
  疲労が一気にとれてしまうとか・・・ある?」

 「はい・・・そうです」

 と・・先生は、私たちに向かって

 「実は、非定型うつの特徴でもあるのですが、日動変動というのが

  あります。一日の内に気分が変わって、気分が良くなると

  体も元気になってくる特徴です。

  具合が悪いと手足が重くなります」

 私は

 「先生・・・でも鉛様麻痺感はここのところでていませんが・・・

  軽い麻痺感が来るのでしょうか?」

 「そうです・・・。 嫌な事があると手足が重くなります。

  鉛様麻痺感ほど酷くないということは改善されてきたのですが

  それでも一日の内に小さな波が何度も来ているようです。

  これは、気持ちが落ち込んだりする気分変調が良くなってくるより

  後から回復します。 気分が回復してきたと思っていても

  なかなか体が思うようにならないという症状は、時間ともに

  後から良くなって来る可能性が高いです。」

 「ということは、疲労というのは本当は体が疲労しているのではなく

  気持ちによって麻痺感の軽いのが来ているということなのですね?」

 「はい。

  さて・・・・

  そこで、ご家族ともご相談なのですが・・・

  以前できなかったドグマチールの断薬を始めてみましょう。

  ルボックスという薬を半年ほど飲んでいるのでだいぶ底上げ状態に

  なってきているので、ドグマチールを止めても良い時期です。

  以前の失敗もありますから、まずは 一錠 翌日半錠

  翌々日一錠 と一日置きにしてみましょう。

  あきさんは以前ドグマチールを一日置きにしていたので

  大丈夫だとは思いますが、ここは慎重にしておきましょう。

  あとお母さんが様子を見て、具合悪そうだったら一錠に戻しても

  いいです。少しずつやりましょう。

  薬は一応いままでどうり一日一錠で出しておきます。

  調整してみてください。

  多少の波はあっても気分がだいぶ治まって来たので減薬・断薬も

  大丈夫だと思います。
 
  自律失敬失調症に似た症状も時間はかかっても回復してくるでしょう」

  マインドフルネスの先生がおっしゃってたことと同じだと思いました。

  気分が安定しても、身体にでる症状が治まるには時間がかかる

  と言うこと・・・。

  そして驚いたのは

  「あき・・・一日の内に良くなったり悪くなったりするでしょ?

   悪くなって疲れたなって思った時って、その前に何か考えてた?」

  と聞くと

  「う~~~ん、考えてた。

   考えないようにしてても一瞬にして頭に浮かぶ時があるの。

   そうするとみるみる疲れてくる。だから呼吸法と洞察する」

  そうだったんだぁ~~とはっきり確信できました。

  小さい波がある時、気分が良い時は良い事が起こったとき・・・

  体が疲れる(麻痺)時は、何か考えが浮かんだ時(特にネガティブな考え)

  でも、その考えが浮かんで体がぐっと疲れた感じになってきても

  呼吸法や洞察で訓練しているから、ぐぐっと落ち込まない・・・。

  疲れ=軽い麻痺感(体が動かなくなるほどではない)

  ということは、体の疲れではないのだから、ドリンク剤飲ませたり
 
  ニンニク卵黄飲ませたり お肉を無理やり食べさせても・・・

  効果はないということです。

  それより、考えに落ちない訓練をする。そして見につけると

  自然と疲れたりしなくなるという事なのですね。


  
  ところが昨夜、急に落ちてしまいました。

  たぶんドグマチールのせいではありません。

  何を思ったか「心配事」が浮かんできてしまったそうです。

  気分も体調も良くなくなり、「考えてはいけないってわかっているけど・・・」

  との事・・・

  私の言動?ソルトの言動?将来の事?家族への申し訳ない気持ち?

  と私も色々と思い当たる節を考えてみました。

  あきは、何が心配なのか・・・それを言いたくないと言います。

  あきの目から涙がぽろぽろ出てきて止まりません。

  自分の部屋へ入ってしまい「お姉ちゃんに相談してみる」と言いました。

  私は「そっとしておこう」と思っていましたが、ソルトが心配で

  部屋をのぞきにいきました。

  すると「お姉ちゃんと電話しているぞ」とのこと・・・・

  しばらくして携帯に二階のあきの部屋にいるあきから電話。

  「ごめんね・・・お姉ちゃんに相談したからもう大丈夫」と

  蚊の鳴くような声・・・。
 
  確かに、親に相談できないこともあるよな・・・と思いました。

  部屋へ行ってみると抱きついてきて

  「ごめんね・・・パパにもごめんねって言っておいて

   心配して見にきてくれたのに・・・

   でもお姉ちゃんに相談したからもう平気。

   だけど・・・気分と体に来ちゃった。こうなるって分かってたけど」

  きっと具合悪くなるのを承知で悩みを解決しようとしたのかも

  しれません。

  今日は気分と体調があまり良くありません。

  「ドグマチール減らしたからじゃないね・・・・きっと昨夜の心配事が原因だね」

  とあきと話しました。

 呼吸法と洞察でどうにか乗り越えてくれるでしょう。

  
 
  ところで、ドグマチールは昨夜は半分ではなく四分の三に切って飲みました。

  「半分はやっぱり怖い」というのと「ソルトが「慎重にした方がいいぞ」

 というのでそうしました。


  2010-06-30.jpg
 
 写真の長細い容器が錠剤を切るための「ピルカッター」です。
 丸い容器は錠剤を粉末にするためのものです。
 「ピルカッター」は便利です。簡単に半分に切れ、四分の一カットも
 できます。
 薬局で買い求めようと思いましたが、もう販売中止とかでしたので
 『楽天』で買いました。


 【注意】減薬、断薬は必ず主治医の指導のもとに行ってください。
     間違ったやり方をすると禁断症状が出て非常に危険です。



posted by シュガー at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 非定型うつ | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

通院日(波があります)

 昨日はクリニックへの通院日でした。

 クリニックへ行く日で雨だったのは初めてです。

 あきの様子はあまり良くありません。

 あきが先生に言うには

 「波があります。」

 先生は、

 「まだ安定していないうちに春が来て暖かくなると状態が

  良くなるという予想でしたが、今年は異常な気象で

  寒暖の差が激しすぎますね。

  私の患者さんも皆さん波があります。

  もう少しお天気が良くなってくると良くなってくると思います。

  夜の不安発作はありすか?」

 「それはまったくありません。

  大きな波では無いのですが、良くなったり悪くなったり・・・・」

 「それでは、今までのままお薬の量は増やさず減らさず様子みましょう

  お薬の力も影響して発作が無いのかもしれませんが、あきさんがやってる

  マインドフルネスが良い効果を出してきているのかもしれませんね。」


 あきが言っていたんですが

 「悪くなる時は、ほとんどが原因があるとマインドフルネスの先生が

  おっしゃってたけど、原因が分かるものが増えてきたよ。

  あの時、こう思ってしまったから具合わるくなったんだってね。

  後は、呼吸法と洞察・・・でもなかなか強力な波の時があって

  あっちへやることができない時もある・・・

  焦らずに、だんだんにだね」

 原因が分かって来たことは大きな進歩だと思います。

 たいていのうつ患者さんは、瞬間のストレスで具合が悪くなるなんて

 考えもしないのではないでしょうか?

 こういうアクシデント(小さくても大きくても普通の人にはなんでもない事でも)

 があったから、こういう症状が出ていると分かれば、

 だんだん対処法も身についてくると思います。

 
 あきの場合、非定型うつ病で、普通のうつ病より

 治りにくい種類のうつ病です。

 マインドフルネス療法を真剣に行っていても、人より歩みは遅い

 かも知れません。

 同じマインドフルネス療法をやっている人がドンドン良くなっても

 なかなか同じ所で足踏みしているようなもどかしい気持ちもしますが

 焦らず着実に・・・それだけをいつも心構えとして親子でいつも確認しています。

posted by シュガー at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 非定型うつ | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

すこし無理してでも・・・非定型うつ

 あきの調子はまあまあ・・・

 雲の多い晴れの日 といった感じでしょうか・・・。

 今日は、ほんとに久々にジムに行くと以前から言っていたので

 私はそのつもりでいたのです・・・。

 昨日は

 「足がアトピーで酷いなら、長いズボンをはいて歩くだけでもいいじゃない?」

 というと

 「乗馬器具で運動してくるのもいいね」と言っていました。

 今朝

 「お昼食べたら行く」というのでそのつもりでいましたが

 お昼過ぎても出かける気配は無。

 「具合悪いの?」と聞くと「大丈夫」との返事。

 「体調も悪くないのに行くつもりが無いならやめちゃえば」と

 強く言ってしまいました。

 「でも、行かないと有酸素運動するのが難しくなる」と支度はしたものの

 体が動かないのか座ったままテレビをぼ~~と見ているのです。

 昨年12月からジムに入ったのですが、なかなか行けない日が続き

 行けるとなったら具合が悪くて行けず・・・

 ほんとに数えるくらいしか行けていないのです。

 「本気で治す気があるなら、ちゃんと行かなきゃ」というと

 「アトピーが酷いから」と言い訳・・・。

 ちょっとプチっと来てしまいました。

(非定型うつの場合、少し辛くても、体がしんどくても

  ベッドから起き上がれないというほど酷くなければ、体を動かした

  方が症状が良くなるケースが多いのです。

  非定型うつ 監修/貝谷久宣 赤坂クリニック理事長

 うつ病の治療に良いという方法を示しても、本人がやらなきゃ意味ないのです。

 「ほんとに治す気あんの!」というと「ある」と言います。

 最高に具合が悪かった昨年秋から年末にかけては

 「絶対治したい」という気迫みたいなものを感じられていたのですが

 ここのところ、ちょっと良くなってきたためかずるずるとした生活になって

 しまっています。
 
 呼吸法と洞察だけは一生懸命やってるようですが、ちょっとこもりがちです。

 私としてはこのままではまずいと、ちょっと注意したつもりでしたが

 あきにとって「怒った」と思ったようです。

 さて・・・もしかしてこれでググッと調子が悪くなるかも・・・

 と警戒していましたが、呼吸法と洞察のおかげさまでか、どうやら

 大丈夫のようです。

 「来週から行くから」との事で、ま、信じて待つことにしました。

今日も、フリフリグッパー運動にしましょう。

 ※フリフリグッパー運動については後日書きますね。
posted by シュガー at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 非定型うつ | 更新情報をチェックする