2016年06月25日

ご質問いただきましたので(マインドフルネスSIMT)

 
  いつもはたいてい「拍手のコメント」(表示不可)に

  質問される方が多いのですが、
  
  今回は、表示OKのコメント欄にいただきました。
  
  このまま埋もれさせてはもったいない質問なので

  コピペされていただきます。

***********************************************
【いただいたコメント】
いつも心の支えにさせていただいてます。
娘がパニックから非定型うつになり
セッションも10まで終了して5ヶ月がたちます。
本当によくなってきました。
去年の今頃は人に会うのも怖かったくらいでした。
高校一年で退学して、この春一年あけて本人の
希望から通信の高校に編入しました。
スクーリングの日は学校で授業を受けられるくらい
回復して来ましたが、何気無い会話の中にも地雷が
あるようで途端に思考に巻き込まれます。
毎日の課題は誠に真面目にこなしていますが
なかなか実践になるとうまくいきません。
2010年04月13日のブログの中で
究極の方法とありますが
教えていただくことはできないでしょうか?
近道はないとは思いつつ、なんとか娘を苦しみから
解き放してあげたいと思う 甘ちゃんな母です。

【お返事】
 はじめまして
 コメント拝見いたしました。
 娘さん 改善しているようでよかったですね。
 >何気無い会話の中にも地雷があるようで
 確かに! 親が良かれと思って言った言葉や行動にも
 非常に敏感に、それもネガティブにとらえて思考の渦に
 巻き込まれやすいのがこの病気の特徴ですね。
 しかしながら、お嬢様の場合コメントを拝見していると
 誰かもこう表現していましたが
 「戦う道具や防具はすべて身に着けた。
   あとは、使いこなすだけ・・・」
 といったところでしょう。
 マインドフルネスSIMTを使いこなすというのは
 日々のストレスに局面したとき、少しずつできて
 くる事です。
 時期的にマインドフルネスをスタートして1年半
 くらいですよね。やっと少し使えてきた感じかな?
 たぶん、お嬢様自身がストレスを体で感じてそれに対して
 マインドフルネスの技法を使おうとされていると思います。
 失敗したり、成功したりして、回避できたりできなかったり
 それを繰り返しながら徐々にできてきます。
 心配でしょうが見守ってあげてください。
>2010年04月13日のブログの中で究極の方法とありますが
 う~~ん 古い記事なのであまり確かな事は覚えていませんが
 たぶんこの頃、日常的に使う「短時間呼吸法」を教えて
 いただいた時期なのかな?って思います。
 「短時間呼吸法」は、ほんとに究極の方法です。
 たとえば、相手の言い方が嫌だ!とか
 私を責めてる?とか感じて心が揺れた時
 すぐに使う方法です。
 (ストレスホルモンの異常分泌を抑える究極の方法です)
 娘さんは短時間呼吸法をご存知だと思います。
 お母さんとのやりとりだけでなく、他の人とのやりとりも
 いつでも嫌だ!辛い!きつい!と気が付いたら
 すぐに短時間呼吸法を何度も何度も行う。
 時には、すぐに効果を表す事もあるし、何度やっても
 あまり変わらないと感じる時もあるかもしれませんが
 トータルすると実はすごい効果なんです。
 娘のあきは、これをほんとに毎日ちょっとの出来事
 があってもすぐに行っていたと言っています。
 しかしながら、もうここまで改善回復してきていれば、
 あと少しですね。
 例えば、腕に傷を作ったとします。
 最初は風が当たっても痛い。
 それが、だんだんカサブタになって、少し押すと痛い
 それから、完全に皮膚が再生されて押しても痛くない
 という段階があるとしたら、
 お嬢様はカサブタ段階なのかな?
 って思います。
 歯がゆいでしょうが、お母様としては「見守る努力」
 に専念してみたらいかがでしょう?
 少しの言葉で反応しても、お母様が一喜一憂しないで
 でで~~んと構えている方が、早く完治するかも・・・。

  がんばってください。
                 シュガー
*************************************************

 【追記】
  こちらか下記の Comment(2)  をクリックすると
  その後のコメントがご覧いただけます。

posted by シュガー at 17:07| Comment(5) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

なぜマインドフルネスのSIMTを選んだか


 質問いただきました!ありがとうございます~

 昨日NHKスペシャル放送されたのですね

 (見てない私・・・苦笑)

 アクセス数が凄いです。

 そんな中で、質問いただきました。

 「あきさんはなぜSIMTを選んだのですか???」

 答えは簡単です。

 緩和ではなく完治を選んだのです。

 症状の緩和、痛みの緩和は、きっと

 どのマインドフルネスを受けても、

 きちんと行っていけばよくなってくるのだと

 思います。

 私たち家族は『完治』を目指したのでSIMTを選びました。

 娘あきのこれからの人生、うつ病などに邪魔

 させたくなかったのです。

 絶対に完治!それ以外望みませんでした。

 なぜSIMTなら完治できるか・・・。

 その証明は大田先生の難しい(笑)研究の

 数々を見るとわかりますが、それ以前に

 あきが証明です。
 
 そして、SIMTで完治すると身をもって証明できる

 人たちは日々増えています。

 皆さん、第一線で働いていらっしゃいます。

 それこそ、さまざまな職業の方々です。

 もちろん学校の先生や、弁護士や

 なんとお医者様もいらっしゃるそうです。

 マインドフルメイトの体験談参照

 しつこいですが、小さくまとめます。

 私たち家族が求めたのは『完治』です。
 
  そしてそれを手に入れました。 

   ありがとうございました。
posted by シュガー at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

うつ病の症状が治まったのは・・・


 NHKスペシャルで、またマインドフルネスを取り上げる

 という話を聞きました。

 しかしながら、マインドフルネスもさまざまな種類があります。

 SIMTと重ならない部分が多い場合もあります。

 でも、参考にはなるのでは? と思います。

  http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160618

  http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160619

 さて、質問を受けましたので出てきました。

 「あきさんはうつ病を治すのに5年もかかったんですか?」

 という質問です。

 このブログの読者様はよくお分かりいただいていると
 
 思いますが、治すのに5年かかったのではなく

 「完治」(今後一切再発はしないという確信)までに

 『5年』と目途を決めていたということです。

 5年過ぎたらまず再発の心配はしなくて良いという意味です。

 マインドフルネスSIMTを受けはじめ、自分で呼吸法を毎日行い
 
 辛い時には、常に呼吸法を行い、洞察法を合わせて訓練し

 実際に本人が確実に良くなっていると感じたのはスタートしてから

 10か月後だったと思います。

 周りの私たちはそれ以前に、あ!良くなってるな!というのは

 感じていました。

 あきは改善回復までに、時間がかかった方だと思います。

 うつ病よりも非定型うつ病の方が治りが悪いです。

 それでも、着実に毎日訓練していけば、1年~1年半で

 ほとんど良くなってくるようです。

 その後、もちろん波が来るでしょうがそれを身に着けた

 マインドフルネスの技法を使い、乗り越え乗り越え
 
 そのうちに「ひよぃ」と乗り越えられるよになると
 
 波もだんだん治まってきました。

 大学卒業後、1年休養しマインドフルネスを身に着け

 翌年就職し休むことなく通いました。

 ※ここで大切なポイント

  セッションが終了して、改善回復してきても

  呼吸法と洞察法や止めてはいけません。

  まだまだ再発の危険があります。

  なので、5年という期間を私たち家族はおいて

  その間もできるだけやり続ける姿勢でいました。

 今では「再発する気配はまったくない!」と断言しています。

 波らしい波が来ないというのです。

 私が素人ながら思うには、波が来ないのではなく

 波が来たら気づいて知らないうちに体がマインドフルネスを使って
 
 回避しているのではないかと思うのです。

 それさえ、自分では認識しなくても自然と行っているという事

 ではないでしょうか。

 そこまで来るのは、確かに時間がかかります。

 早くそこまで到達したいと思う方はいらっしゃると思います。

 ですが、登山と一緒

 一歩一歩歩いて行かないと頂上には到達しないのです。

 きつくて辛くて苦しくても毎日一歩前に足を進める。

 もしかすると頂上が遠くなったり近くなったり

 そう思えるかもしれませんが、毎日の積み重ねが

 着実に頂上に進んでいるのだと思います。

 がんばってくださいね。

セッションは多少具合が悪くても、参加しましょう!

 そこに治すヒントがたくさんあります。

 休むとずるずると休んでしまい、治らなくなります。


 【追記】
   マインドフルネスのSIMTはどういったものか?
   マインドフルネスのSIMTはどこで受けられるか?
   という質問がたびたび来ています。
   毎回お答えするのもなんですので
   右のバーのアイコンにリンクしておきましたので
   直接問い合わせてみてください。


posted by シュガー at 16:39| Comment(1) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする