2011年06月18日

うつ病とストレス


 あきは、完全復活です。普通に戻りました。

 今回も復活は早かったです。

 あれから2日ほどでしたでしょうか。

 離脱症状も慣れたものでマインドフルネスの呼吸法と

 洞察で心静かに過ごし、今回も克服できました。

 やっぱり無理な減薬はだめだと改めて肝に命じたようです。


 さて、今回はストレスのお話・・・

 うつ病には色々な原因がありますよね。

 人によってさまざまですが、特に人間関係があげられます。

 職場での人間関係、学校での友達関係、守ってくれるはずの

 家族との関係・・・などなど

 でも原因はさまざまでもストレスでうつ病になったんですね。

 「自分は、うつ病のあの人よりもっと大変でストレス感じている

  はずなのに、うつ病にならないぞ!

  あの人は甘えているんじゃないか?」と思う人も

 いると思いますが、それについてはまた別の機会にお話しましょう。

 今回は、どうしてストレスがたまるとうつ病やパニック障害や

 PTSDになるか・・・という原因について。

 このブログでも何度も何度もお伝えしているように。

 どうしてうつ病になったの?

 という答えは病院に行ってもなかなか得られませんでした。

 「過度のストレスでしょう」とは言われますが

 ストレスを受けるとどうして?という事は話してくれません。

 だから特に家族はうつ病になったらストレスを与えちゃいけない

 と一見、甘やかしのようになり、腫れものに障るように接します。

 兄弟がうつ病になると両親が甘やかして私には冷たい。

 とすねたり反抗したりする子もいるようです。

 無理も無いですね・・・理屈がわかっていないのですから。

 またあるいは、うつ病を理解することなくストレスを与え続けて

 しまう家族もいます。

 「根性が無いからだ」「甘えているからだ」という具合に。

 そうすると最悪な結果になりかねません。

 
 ストレスがかかるとどうしてうつ病になるか・・・

 その答えは、マインドフルネス総合研究所マインドフルメイト

 の無料相談会で教えてくれます。

 ごくごく簡単にに言ってしまいますと・・・

 人はストレスを受けると交感神経が優位になり

副腎からストレスホルモン分泌したり、
 
 扁桃体が興奮したりしますが、ストレスが長く続いたり

 短期間に強いストレスを受けたりすることにより

 過度にストレスホルモンを分泌してしまいます。

 それによって、身体の色んなところに障り身体症状が

 でたり、脳を攻撃してうつの症状が出てしまう人がいるのです。

 じゃあ、旨くストレス解消すればいい。

 その通りですが、環境によってはストレス解消することが

 難しく、反対にどんどんストレスを受けてしまう場合があります。

 人間生きている以上、ストレスを受けない社会なんて

 あり得ないですよね。

 そして、普通の人がストレスをコントロールできる

 許容範囲を超えてしまうのですね。

 そうして、うつ症状が出たり身体症状(自律神経失調症)が

 出ると、今度は少しのストレスで過敏に反応しいつまでも

 症状が良くならない。

 良い日があってもすぐ悪くなる。(波はあるものですが)

 いつまでも堂々巡りでうつ病から抜け出せない。

 という事になるようです。

 『だからぁ~ようするに、

  ストレスホルモンを止めればいいんでしょう。』

 と思いますよね。

 でも、ストレスを止めたり、ストレスホルモンの分泌を抑えるには、

 今の医療・薬では限界があるようです。

 一時的にストレスから回避できるような頓服もありますが

 それ以上に強い波が来たら防ぎようがないですね。

 (セロトニンもストレスによって取り込みに関し問題が生じる

  らしいですが、あくまでも仮説です。)
  

 うつ病予防にストレス解消法は効果的だと思います。

 でも、発病してからストレス解消法を色々試しても

 受けるストレスが強ければ焼け石に水ということになりかねません。

 また、環境を変えればいいという場合もあります。

 職場を止める。家族と離れる。などなど

 環境を変えても、一回かかってしまったうつ病が良くなる

 ということは少ないそうです。

 環境を変えて逃げても、一度うつ病になると過敏になって

 いますので、少しの事(嫌な事、言われた事がを思い出し

 またストレスホルモンを過剰に分泌するなど)

 また再発・・・すぐ再発ということになりかねませんね。

 ストレスホルモンの過度な分泌をおさえる。

 だから、マインドフルネス療法が効果的なんです。

 ストレスを受けても

(受けることは避けられませんし他人を変える事はできません)

 心の使い方をして呼吸法で副交感神経を優位にし、

 ストレスホルモンの分泌を抑え、扁桃体を興奮させないようにし

 脳(特に前頭前野)の攻撃を押さえていけば
 
 少しずつ改善し、回復し、寛解して、完治していきます。

 完治すれば、職場の人間関係や家族の問題があっても

 乗り越えて行く事ができ、再発しにくくなります。

 もし再発しそうになっても、マインドフルネスの

 呼吸法や洞察で克服することができるのです。

 訓練して身につけてしまえばお金に代えられない

 また、誰にも盗まれる事のない一生の宝になります。

 病院からいただいている薬については続けて行きます。

 身体症状やうつ症状は緩和されていればストレスも少なく

 なるのは当然です。

 回復し、寛解したら医師と相談しながら減薬し

 最後には断薬できるようにする。

 それから5年、再発しなように心の使い方をしながら

 気を付けてコントロールしていけば、完治となるそうです。


 あきが今回、無理な減薬(断薬)をして離脱症状がでて、

 心身共に辛い状況に陥った時。

 マインドフルネスで教わった、過度のストレスホルモンを

 出さないような心の使い方をしたために、回復が早かったのです。


 ※ストレスについてお話しようと書きましたが、

  マインドフルネス総合研究所の先生のブログにも

職場でのストレスによるうつ病について書かれています。

  こちら≫

 先生のブログはほんとに勉強になります。
  



ラベル:うつ病
posted by シュガー at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。