2010年10月04日

アルバイトの研修


 アルバイトの研修に行ってきました。

 5時間ず~~っとお勉強。

 時々過去バイトしていたところで、クレーム処理を

 したことがあるか?などの質問を受けたそうですが

 過去の事になると、頭が真っ白になってしまって

 言葉がなかなか出なかったそうです。

 「文字を読んだり理解したりはすぐできるんだけど

  なぜか過去の事になるとすぐには思いだせないの・・・

  ほんと、びっくりしたぁ~」

 しかたない・・・それだけ脳がダメージを受けてしまっている

 ということなのだから、そのまま受け入れているときっと

 改善してくるでしょう。

 それよりも、5時間もの間ずっと研修を受けていて

 具合が悪くならなかったことの方が嬉しい。

 その上、ウインドショッピングまでしてきたというから驚き!

 夕飯前に帰ってきて「疲れたけど、それよりお腹すいたぁ~」

 というあき・・・。「お昼お預けだったの・・・」

 
 ほんとに以前、駅まで歩くことができなかった、あきだとは

 思えないくらいです。

 タジン鍋の蒸し野菜をモリモリ食べて、研修の話をいっぱい
 
 してくれました。

 
 3日前には一時不安になって夜デパスを飲みましたが

 ちゃんと話合って

 「これは訓練。どんな場面でもマインドフルネスを実践すると

  乗り越えられる。今まで訓練したのを、やっと実践できる時が

  きたんだね」というと、かなり気持ちが楽になったようです。

 マインドフルネスの支えがなければ、社会復帰はなかなか難しい

 ように思います。

 くじけるとき、壁にぶち当たる時、辛くなった時、苦しい時

 マインドフルネスを思い出して欲しいと思っています。

 「時々、忘れそうになったら、またママに聞くから教えて」

 と言います。

 

 あきの様子は、いたって普通です。

 元気に笑い、元気にはしゃぎます。

 夜の不安も、時々現れるくらいでまったく普通の状態です。

 ソルトとの関係も良く、スタバに行きたい!と言って

 連れて行ってもらったり、必要な物も少しずつ言えるように

 なってきました。

 一番は、なんといってもソルトにマッサージしてもらうことです。

 週に一回くらいストレスで凝り固まっている背骨の両側を

 丁寧にもみほぐしてもらいます。

 これは私がやっても「ママは下手だからあんまり効かない」

 と言われていしまいます。

 スパなどに言って「マッサージしてもらったら?」と言っても

 「ううん・・・パパの方が私のツボ知ってるしタダだし」と言って

 笑います。
 
 ソルトは「俺もあきもここがこるんだよ・・・親に似なくていいところまで

      似るんだからな」といってちょっと嬉しそうに笑います。

 うつ病は身体の凝りで悪くなっている場合もあるそうです。

 整体矯正なども効果があるそうです。

 
 今週末からいよいよバイトがスタートします。

 これからは、私はただ見守る事に専念していくことになるでしょう。

 だんだん手から離れていくような気がします。

 まだまだ乗り越えなければならない山はたくさんありそうですが

 嬉しいような・・・反面寂しいような・・・・。




 ZINさん

  いつもありがとうございます。

  あきの先輩だったんですね!

  「今できることをする。今すべきことをする」

  先生がよくおっしゃいますが、それが大事ですよね。

  あきも分かっているようですが、競争の渦に

  巻き込まれるとどうしてもがんばっちゃう自分が

  いるようです。元来の負けず嫌いなんですね。

  がんばらないようにすることが難しいと言います。

  それによって、具合が悪くなったりしないかと

  私は心配なのですが・・・・・。

  きっと場面場面でマインドフルネスで訓練したこと

  が生かされると、以前のような状況とは違ってくる

  と思っています。

  「あるがまま」忘れそうになったらいつでも

  思いだせるような環境をつくっておこうと思っています。

  ありがとうございました。


 
 すずPさん

  コメントありがとうございます。

  そうなんです・・・頑張りすぎちゃうことが心配・・・。

  帰宅後はできるだけ身体を休めてリラックスできる

  環境づくりをしてあげるようにと考えています。

  すずPさんもがんばりやさんなんですね!

  がんばることは悪いことじゃないのですが、

  病があると無理はダメ・・・難しいですね。





  




ラベル:非定型うつ
posted by シュガー at 15:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シュガーさんお久しぶりぶりです。
あきさん、バイトが決まってよかったですね。
実はうちの娘も9月から働き始めました。それもバイトではなく契約社員で正社員の人と同じ勤務時間です。
前回8月に入り調子が良くなったとお話しましたね。でもバイトを探しても短時間ではいい条件がないため思いきって条件を変えて探したところ、いい条件の仕事が見つかりました。正社員登用制度もあり親会社も地元では有名なしっかりとした企業です。
勤め始めて1ヶ月、最初のうちはひやひやの毎日でしたが元気に勤めることができました。しかも今はうつやパニック障害の症状はまったくありません。
8月、9月と2ヶ月間安定した状態が続いています。発病して今年の秋で4年、ずっと体調の波があり、毎日フルタイムでの学校や仕事は無理だと決めつけ生活させてきましたが、今年の4月から通院を始めたクリニックでの投薬とカウンセリングのおかげもあり娘もひとつ大きな壁を乗り越えられたのではと手応えを感じています。
娘自身もあの苦しい生活に二度と戻りたくないという思いから毎日の生活に気を使っています。
ともかく朝は7時に起き、夜は仕事から帰ってきたら食事、入浴をすましたらすぐ寝る。規則正しい生活を一番大切に今はしています。
仕事についても、頑張りすぎない。自分の力の7割くらいの力で余裕を持つ。焦らずゆっくりゆっくりと意識もしているようです。
何をやるのも他の人に負けたくない一番じゃないといやだった娘ですが本当にかわりました。イライラすることもなく職場の先輩からはおっとりしているといわれるそうです。
休みの日も人と会うと疲れて体調を崩していたのがうそのように友達を誘って食事にいったり遊びにでかけます。
まだまだこれからどうなるか心配ですが、病院のカウンセリングもひとまず終了といわれ、体調がわるくなっても仕事はできるだけ続けるよう指導をうけました。このまま順調にいってくれればと祈る毎日です。
私も娘が半年間ずっと家にいてすぐにそばに来てといわれ付きっきりの毎日だったのが、朝の9時から夜の8時くらいまでいなくなり最初は調子が狂い体調を崩しましたがやっとなれてきました。母親としては娘が自立するのが嬉しいような寂しいような複雑な気持ちですよね
あきさんも仕事を始めることによりきっとリズムもつき体調がよくなりますよ。今一番楽しい年齢なんですもの、人より苦しい体験をしたぶんいいことがいっぱい待っていますよ、私はそう信じています。
くれぐれも無理をせずお互い少しずつ前に歩いていきましょう。
高橋
Posted by 高橋 at 2010年10月04日 19:03

高橋様

 コメントありがとうございます。

 娘さんよかったですね!

 4年も辛い思いをされたんです。

 きっとこの先は楽しいことでいっぱいですよね!

 良い病院と認知行動療法+マインドフルネス療法の

 カウンセリングがぴったりと合ったのでしょう。

 ほんとによかった・・自分の事のように嬉しいです。

 お互い、まだまだ油断はできませんが

 もしダメな時があっても、

 「ま・・・そういう時もあるさ!」と

 さらっと乗り越えられるように、親がどっしり

 構えていないといけないですね。

 今は

 ダメでもともと、良ければラッキーくらいの
 
 気持ちでいます。

 ありがとうございました。

Posted by シュガー at 2010年10月06日 13:28
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by 職務経歴書の書き方 at 2010年10月24日 16:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック