2010年09月04日

TGC


 あきは、東京ガールズコレクションに一人で

 出かけて行きました。

 今年の夏は、お祭りやイベントにたくさん出かけた

 ためと、いつも一緒に行くお友達が仕事で

 行けなくなり、誘おうと思ってた姉も仕事が入り

 結局、昨夜までぐずぐず考えていたようです。

 するとソルトが

 「行ってくればいいじゃないか。おこずかいならあげるよ」

 と言われ、しばらく考えていましたが今朝明るく起きて
 
 「やっぱ 行ってくる」と出かけたのです。

 今年、大学を卒業したあきですが、教授からも

 「あなたはアパレルに就職した方がいいわ」と言われていました。

 卒業論文も、東京ガールズコレクションのケイタイ通販

 に関する内容でした。

 どうして東京ガールズコレクションが世界の市場から

 注目されているのか、どうして若い女性に強く支持
 
 されているのか、ファッション関係に留まらず

 日本の企業がこぞって出品するのはなぜか、

 画期的な販売方法や特徴、これからの展望や注意点を

 論文にしたもので、私も読ませてもらいました。

 昨年秋は病状が一番良くなかった時期ですがそんな中、
 
 よくここまで調べて書きあげたと思ってわが子ながら感心

 したものです。

 TGCへは色々迷っていたため、当日券を購入して入った、

 そうですが、さっき連絡があり

 「一人だったから一番前の席に座れたよ、ラッキー」

 と言っていました。

 

 さて、話は変わりますが先日このブログに書いた

 「ここまで治りました!」という記事を、

 マインドフルネス総合研究所の先生のブログで紹介して

 くださいました。

 http://blog.canpan.info/jitou/archive/2000

 この中に、

 「鉛様麻痺感が強く、動くことも難しい状況で、ご家族が運転する車で

  グループ・セッション会場に来て、身体を起していることができない

  ので、机に突っ伏して講義を聞いて呼吸法をしておられた。」

 と書かれておりますが、まさにそのとおりでした。

 車の後部座席にクッションと毛布をいつも用意していて、

 つらそうなあきの身体を抱えて乗せて通ったものです。

 そのころは今のように、一人で楽しく出かけるなんて夢のまた夢の話でした。

 呼吸法と洞察でここまで改善されたのです。

 結局、約1年になりますが、休んだのは1回だけ・・・。

 あきが卒業旅行で海外に行った時だけです。

 その時は辛い状況もありましたが、だいぶ改善されはじめていました。

 主治医も、マインドフルネスの先生も「海外旅行」には賛成して

 くださいました。

 ましてや、ヘンな意味(怠けとか甘え)ではなく非定型うつは楽しい
 
 ことがあるとうつのスイッチがきれる場合があります。

 あきもどうにか旅行には楽しく行って来られました。

 友達の中にいたため、気遣いもあって気を張っていた

 というのもあるのかもしれません。

 (その後1週間ほど寝込みましたが)

 楽しい時間は、とっても大切だと言われています。

 「要所要所に楽しいイベント事をつくってあげてください。

  非定型うつの場合、スイッチが切れている時間が大切です。

  そのイベントの日まで少しでも改善しよう、心のバランスを

  とろうとする事が大切です」と主治医には言われました。

 また、スイッチが切れた状況を自分の身体に覚えさせるのは

 改善の糸口になるからだとも思いました。

 そのころから、徐々に自分での外出もできるようになったものです。

 さて、話を戻しますが・・・

 マインドフルネスの先生が以前こんなお話をされたことがあります。

 「以前、ここに来ていると部屋の隅で泣いている若い女性がいました。

  いつもやっとここにたどり着いて、でも症状が辛く泣いていました。

  でもその方も改善され、今では結婚してお母さんです。」

 無理してでも、這ってでも行く。

 辛い時間は、一生のうちの一瞬にすぎないです。

 あとは毎日欠かさず、呼吸法と洞察と課題をこなす。

 それが大事だと思います。


 あきは今まだ働いていません。卒業してからは治療に専念しています。

 私は、あきが将来の道に不安を感じ、働いていないことに負い目を感じ

 今すべきことを忘れそうになった時に良く言いました。

 「あきは今、病気を治す事がお仕事。将来の事は、治ってから考えよう」

 今は、それもあまり言わなくても済むようになりました。

 毎日、ネットでアルバイトを探しています。

 少しずつ、歩き出そうとしているのです。焦らず一歩ずつ・・・。


*******************************************************
拍手にコメントくださった ほしさんへ

 いつも素敵なお話ありがとうございます。
 実際に経験した人にしか分からない辛さがあると思います。
 その経験をお話くださって、あきの力強いヒントになると
 思い、ほしさんのコメントすべて順番にプリントアウト
 しなおしました。
 あきが帰ってきたら渡します。
 少しずつ、少しずつでいいですから着実に良くなるよう
 歩んで行きましょうね。




 


ラベル:うつ
posted by シュガー at 15:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。携帯をiPhoneに変えたので、自分の、ブログをアップするだけが、精一杯の毎日でした。【以前も携帯閲覧でしたが、伝えてましたっけ?】
ここもiPhone対応されてるブログで、安心しました。
私の家族も、ブログ仲間も、家族の協力がありません。

『具合がわるいとき、落ち込んだ時は、本人もあまり声をかけて欲しくないようです。いじられたくも無いようです。』

↑シュガーさんも書かれてますが、私も以前に、似たような事をコメントさせてもらった後、母より、
「今日の具合はどう?何がそんなにイライラするの?」
と、聞かれたので、しめた!と思い。
「そうやって、イチイチ聞かれんのが、1番イライラするんだよ!」
って、言ってやりました。
けど、次の日からも、相変わらずでした…

シュガーさんや、ソルトさんのように、もしくは、家族のみの参加も、マインドフルネスには必要かも知れません。
理解するのは難しい病かも知れませんが、強制や押し付けを嫌う病だと思います。
子供だから、我儘言って~は、違います。
病なのですよ? 私は40過ぎてます。

私にとっての理解者は、あきちゃんと、その理解者のシュガーさんだけです。

マインドフルネスは家族のみの参加もオススメです。できますよね?無理?

あきちゃんへ、
歩いて5分のプール、夏で終わってしまいました。田舎だから(笑)
けど、活発なあきちゃんを見習って、原チャリで、2山越えた隣町まで、プールに通ってます。
あきちゃんも、バイト無理しない程度に頑張ってね。まだ若いから、いつかかならず、就職できるから、焦らないでね!
(長すぎないですか?割愛するか、未公開でも構いませんよ)
Posted by at 2010年09月06日 11:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック