2010年05月28日

意思→決定→行動(うつを治す方法その6)


 今日はとっても良いお天気・・・・

 あきは、ソルトの仕事に付いて行きました。

 ソルトがあきに「仕事に行くけど一緒に行く?」と聞くと

 「少し考える・・・」と言っていましたが

 結局「行くぅ~~」と車に乗り込み付いて行きました。

 これも意思→決定→行動・・・。

 何かをしようと思う意思、そしてやろうと決定して、実際に行動する。

 そしてそれには強い『願い』を持つことが大事。

 たぶん、今朝、あきは少しかったるかったんだと思います。

 だからすぐに行くとは言えず「少し考える」と言ったようです。

 あきの場合、『治したい!絶対非定型うつを治す!』という強い願いを持ち

 治すために、何かをしようと意思を持つ。

 今回の場合「このまま家の中にいても病気は良くならない。

 天気も良いし、パパが仕事中は周りを散歩することができる。

 散歩すると改善につながる・・・よし行こう!」と意思決定する。

 そして実際に行動したわけです。


 昨夜は私が夕飯の支度をしているとやってきて

 「これ切るね」と言って食材を切ってくれたりして

 お手伝いしてくれました。

 これも、『治す!』という強い願いをもって何か行動するために

 意思(お手伝いしようかな)を起こし、決定(よしやろう!)し

 行動(実際にお手伝いをする)したわけです。


 これが昨日このブログに書いた

 「早くうつ病を治すにはそれをたくさんやればいいんですか?」

 という質問された方に対し

 先生は「その通りです!」とおっしゃった事なのです。

 どうしてこの行動がうつを早く治す方法なのか・・・・

 それは脳のメカニズムが分かれば理解できることなのです。

 でも、そこまでこのブログで言ってしまっていいか

 分からないので止めておきます。

 これは実際にセッションに参加して、どうして?なぜ?というのが

 自分自身で分かった時に、うつ病がぐぐっと良くなるのだと

 思うからです。
 
 別の方がこういう質問をしました。

 「私は朝調子が悪いのです。10時くらいからは良くなってきます。

  その意思→決定→行動は、調子がよくなってからやればいいでしょうか?」

 これは

 「早くうつ病を治すにはそれをたくさんやればいいんですか?」

 という質問同様、ナイス!クエスチョンでした。

 先生は

 「いいえ・・・具合の悪い時ほど、できることをやってください。

  その方が効果があります。

  少しでもいいから今できること・・・たとえば

  家事の手伝い 洗濯物を干すとかたたむとか

  洗い物をするとか・・・・

  散歩をするとか・・・・

  何でもいいんです。 大切なのは 意思→決定→行動 です。

  それには強い願いが根底になければなりません。

  とんでもない願いはダメですよ・・・
 
  たとえば現実になりにくいこと・・・
 
  総理大臣になりたい!とか・・・笑

  そうじゃなくて、治りたい とか 仕事に復帰したいとか

  学校を卒業したいとか・・・そういった現実になりたい身近な

  願いを強く持ってください。

  そうなるために 意思→決定→行動してください。」

 ここで一番肝心な事は『人に言われてやったのでは意味が無い』

 と言うことです。

 自分自身で意思を持って行動に結びつけなければなりません。

 それには家族も「あれやれ」「これやれ」と先回って

 言ってしまってはいけないんだなぁ~と思いました。

 でもこれって難しいです。ついつい口を出したくなりますから
 
 ぐぐぐっと押さえなければなりませんね。(苦笑)

 
 意思→決定→行動は、普通の人にしてみれば簡単で当たり前の事の

 ようですが。

 うつ病やパニック障害を患っているとどうしてもやる気が起きず

 なかなか大変な事なのです。

 意思→決定→行動ができた時、よくやった!と褒めてあげたり

 やったことで、人の役にたった、すごく助かったと言うことを

 伝えてあげることも大事だと思いました。

 達成感があれば、きっと次にもつながっていくと思うからです。

 
 脳のメカニズムが理解でき、意思→決定→行動が常にできるようになると、

 うつは早いスピードで回復していくと確信しています。

 

 あきの様子ですが・・・・

 非常に良いです! ほんとに普通です。

 麻痺感も出ず、発作も無く、夜の不安症状もありません。

 疲れのスイッチだけがまだ少し過敏で、これにスイッチが入ると

 さまざまな自律神経失調症の症状が出て来ますが、

 それでも、以前に比べてかなり軽くなっています。

 
 ほんとに・・・良く笑います。ギャクも言ったり、おどけて見せたり。

 明るいあきになりました。

 昨夜
 
 「次の診察では、ドグマチールの断薬の話をしてもいいね」

 と自ら言いだしました。

 前回失敗してから、断薬は「こわい」と言っていましたが・・・

 凄い進歩です。

 このまま調子が良ければ、慎重に断薬を始めるようになると

 思います。

 その時は、薬をどれくらい減らしたか、ここに記録して行こうと

 思っています。


posted by シュガー at 10:32| Comment(1) | TrackBack(0) | うつを治す方法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うつ病で治療中の者です。この意思決定行動は調子のわるいときに行う方がいいとのことで、大変勉強になりました。それで気になったところがあって、教えていただきたいと思い質問させていただきました。この調子が悪いときとゆうのは、気分や感情面のことでしょうか?それとも体調が悪いときでも意思決定行動を行った方がいいとゆうことでしょうか?教えてもらえたら助かります。
Posted by ほし at 2018年01月06日 16:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。