2010年05月27日

マインドフルネス総合研究所のセッション参加

 昨日、マインドフルネス総合研究所のセッションに参加してきました。
 
 いつもの部屋が抑えられなかったとの事で、小さな部屋で行いました。

 先生は「平日なので来られる方だけ参加してください」と言われていた

 にも関わらず、欠席は2~3名にとどまり、ほとんどの方が出席されました。

 会場はいっぱいいっぱいでした。

 それだけ皆さん少しでも早く治りたいと強い気持ちで臨んでいらっしゃいます。

 4月に参加者の〆切を行ってから一番新しい方でもセッション3~4に

 入っています。

 あきは今回、最後のセッションのテキスト10を提出しました。

 あきの状態は確かに波が少しありますが、はたから見ていても

 よくなっているのが分かります。

 特に発作も起きず、自律神経系の辛さは時々あるようですが、

 「これくら大丈夫だよ」と言っています。

 昨日もセッションの休憩時間に、隣の席のあきが私の肩をつっつくので

 何かと思ったら・・・下唇をびろ~~んと引っ張って

 中くらいの大きさの口内炎が出来たのを見せてきました。

 「空気に触れると黴菌が入るよ!唾液は殺菌力があるんだから口閉じて
 
 いなさい」と言ったのにもかかわらず、今度は右のソルトに見せていました。

 おかしくてぷっと噴き出してしまいました・・・アホです・・・(爆)

 以前は非常に大きな口内炎が口の中に4個も5個も出来て痛い思いをして

 いたのですが・・・。今は笑いが出るくらい・・・大丈夫です!

 確かにまだ疲れると、特に頭痛、鳥肌、少し気持ちの落ち込みなどが出ます。

 またアトピーの状態にも左右されてしまいます。

 それでも、以前のような非常に辛い状況ではありません。

 そして何より少し落ち込んでも立ち直りが早いです。

 ほんとに良くなりました。

 目力が違います。

 先生にも「かなり良くなって来ました」とお話しました。


 先生は「セッション10位から皆さん良くなります。これで自分はもう大丈夫

 と思ったところまで、満足行くまで、納得行くまで来てください。」
 
 と言われました。

 あきのテキストはもう終了ですが、先生はもう一枚セッション10のテキストを

 渡してくれて「もう少し続けて、完全に良くなるまでやってみましょう」

 と言われました。あきも「ハイ」と元気よく応えていました。


 今回のセッションはまたまた感動でした。

 うつやパニック障害はどうしてどうなってどうしたらどうなるか・・・

 セッション1から、あきが提出したセッション10まですべてを網羅した話でした。

 振り返って思い出しながら復習することも出来ました。

 前頭前野のどの部分が何によって反応し、前頭前野のどの部分がそれを

 押さえる役割があるか・・・。

 それを押さえるにはどいういう事をすれば良いか・・・

 ある人が質問しました。

 「早くうつ病を治すにはそれをたくさんやればいいんですか?」

 先生は「その通りです!」とおっしゃいました。

 ※『それ』については後日書きますね!

 また、こうもおっしゃいました。

 「セッション10までしっかり行った人は、必ず良くなっているはずです。

  人によってすごく良くなる人もあれば、少ない人もいるかも知れませんが

  それでも、セッション10までちゃんとやれば誰でも改善されます。

  これをやって改善されないはずがありません!」

 きっぱり言い切っちゃいました。

 だ・・・大丈夫ですか先生?
 
 認知行動療法には合う人と合わない人がいます・・・というここ一番

 というところでの逃げがあります。

 マインドフルネス総合研究所のマインドフルネスは、

 セッション10までやれば・・・・

 誰でも大なり小なり改善されるはずという、確信が先生にあるのが

 すごいです。

 いや…実際、自分の娘がそれを実体験していて、確実に改善されている

 のを見ると・・・やはり信じざるを得ないです。

 セッションに参加しはじめたころ、周りの人がドンドン良くなる様子に

 あきは大丈夫だろうか?この子だけ取り残されるのではないだろうか?

 また、ほんとに良くなるんだろうか?治るんだろうか?

 という不安でいっぱいだった半年前・・・。

 振り返ると・・・理論的に改善される方法を行っているとしても

 奇跡としか思えません。

 あきは、「今日のセッションはちゃんとまともに聞けたよ。

 分からないところもあったけど、だいぶ良く分かった。

 以前は具合が悪くてなかなかちゃんと聞けなかったから

 今まで言われた通りやってただけだけど・・・

 意味がちょっと分かってきた」

 あきは、まだ本格的な社会生活が送れるところまでは改善してません。
 
 でも、これからドンドン改善して行くでしょう。

 そして、そう遠くない将来、社会デビューできると思います。

 慎重に、焦らす、その機会を待ちます。


  200.jpg
  先生が書かれた黒板です。メモを忘れてしまったので
  携帯でパチリ・・・ごめんなさい・・・
  でもぼかしたから分からないよね・・??


 
**********************************************************
 ☆5月26日に拍手をいただいた方へ

  どこへ・・・というご質問ですが・・・
  ここでははっきりちょっと言えないのでヒントを出します。
  分からなかったらまたコメント下さい。

  貝谷先生の非定型うつのページをリンクします。

  http://www.fuanclinic.com/byouki/karada.htm

  一番下にヒントがあります。

 ☆5月27日(本日)拍手にコメントいただいたコウタさん
  
  ありがとうございます。

  このブログが何かヒントになるといいのですが・・・・。

  お互い、頑張って治しましょうね!
 


posted by シュガー at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。