2010年01月28日

どうしてうつ病になったの?

 うつ病・非定型うつ・パニック障害がどうして起こったのか?

 どうしてこんな病気になったのか?

 神経科、心療内科、クリニックなどでちゃんと説明を受けた方は

 どれだけいるでしょうか・・・

 病状についてや薬については教えてくれますが、

 「どうして?」ということはあまり教えてくれないんじゃないでしょうか。

 あきの場合はそうでした。

 どうして?どうして?どうすれば? と初めにかかった神経科の先生

 に聞いても、糠に釘のような状態で

 「う~~ん う~~ん」と唸るばかり・・・

 パンフレットを見せられて「セロトニンの取り込みが悪いから薬で改善する」

 とだけ・・・。

 ソルトが

 「原因が分からないなら薬で抑えてもまた再発するんじゃないですか?

  カウンセリングとか睡眠療法とかできないんですか?」

 というと

  「あきさんには、カウンセリングは合わないと思います。

   睡眠療法は心の触ってはいけないところまで触ってしまうので

   人格破壊されることもあって危険です」

  と言って、治す方法を教えてはくれませんでした。


 別の精神科でセカンドオピニオンしていただいたときは

 「医師にそんなに問い詰めても分かりませんよ。

  状態なんて徐々にわかってくるし、薬も色々試さなきゃ分からない。

  どうしてうつになったかなんて、ご家族の方がわかるんじゃないですか?

  それと、精神科や心療内科はカウンセラーじゃないですからね・・。
  
  受診は5分か10分くらいにして病状だけ言ってください。

  他にも待ってる人がいるんですから」

 
 そんな疑問にすっきり答えてくれたのがマインドフルネスの先生でした。

 どうして「うつ」になったのか、

 「うつ」の症状はどうして起こるのか

 発病したうつをどうしたら治すことができるのか

 「時間はかかります。すぐにぱっとは治りません。

  それでも、マインドフルネスでは治ります。

  辛い時、こんなことやっても治らないんじゃないかと

  思う時は何度もあると思います。
  
  でも、確実にトレーニングしたことを欠かさずやれば

  必ず治ってきます。」

 と言われました。

 これから、少しずつ「うつにどうしてなったか、うつの症状について

 うつを治すには」

 という3つの疑問を、徐々に書いていきます。

 でも、私が書いたことを読んでも、うつは治りません。

 やはりトレーニングが必要ということです。
  
posted by シュガー at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。