2010年01月22日

朝起きたけど・・・

 やっぱり吐き気がするそうです。

 昨夜は呼吸法した後から調子は少し良くなっているようでしたが・・・
 
 それでも、日に日に少しずつ良くなっているとは言ってます。

 マインドフルネスの先生に次回出席のことと、近況をメールしましたろこと

 次のようなお返事をいただきました。

************************************************************

吐き気がありますか。

 (ストレスによる吐き気なので、呼吸法をとにかくやるよう
  に伝えております。)

それでよろしいです。
呼吸法を続けていくと、少々のストレスがあっても
鉛様麻痺感、はきけなどにスイッチがはいらなくなります。

症状があっても、
「いやだ」「つらい」などと騒がず
(騒ぐとそのことがストレスの加重となる)
呼吸法、運動など、できることをしてください。

調子よくても油断せず
前頭前野やセロトニン神経が本当に強くなるまで
トレーニングを続けることが大切です。

************************************************************

吸うというのが交感神経に作用し、吐くというのが副交感神経に作法する。
 交感神経は、焦り・不安・怒りなどの症状を起こし、副交感神経が鎮めるので
 吸うのを短く、吐くのをその倍の時間で行うと 副交感神経が優位になる。
 またこの呼吸法を10分続けると、セロトニンが分泌し始める。

 
 マインドフルネスの先生に教わったことです。

 実際これで昨年暮れは劇的な改善が見られました。

 うつには波がある・・・それは分かっているつもりです。

 お友達との話の中で知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまったのでしょう。

 でも、辛さを訴えれると親心・・・ついつい焦ってしまいますね。

 いけないいけない・・・・。

 娘と確認したのですが

 ・今は将来の事は考えない。
 
 ・ネガティブな考えに陥るような事は避ける。名前を付けてポイする。
  (そうしないと前頭葉を攻撃してしまうから)

 ・呼吸法を暇さえあればやる。

 ・無理な時でもせめて軽い運動はする。

 
 今夜も「フリフリグッパー運動」に付き合ってあげることにします。

ラベル:うつ 吐き気
posted by シュガー at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。