2015年05月08日

うつ病を早く治す【意志・決定・行動】


 こんちは

 うつ病やパニック障害を瞬時に治す方法はありません。

 物理的に瞬時に治すのは無理なのです。

 だから3日で治すとか・・・一日10分でとか・・・

 はっきり言ってありえない!

 あったとしても回復改善までで治すには至らないという事です。

 時間がかかる・・・でも、その中でも

 できるだけ早く治す方法はあります。

 それは、意志→決定→行動

 ★前回に書いた

 「モチベーションを下げない努力(マインドフルネス)」

  の補足です。

 呼吸法、めんどくさいなぁ~

 セッションに行くのかったるいなぁ~

 運動や散歩も嫌だなぁ~

 と思った時に使うのがこの 意志→決定→行動

 これは以前の記事にも書いています。ここ≫

 うつ病を治すのに『意志作用』という大事な作用があります。

 治したいな! 治すぞ! 運動しなきゃ! 運動するぞ!

 例題を上げると・・・

 呼吸法、めんどくさいなぁ~ 
 (これは甘えではなく誰でも思う事です)

 治すには呼吸法しなきゃいけない
 (意志)

 よし!呼吸法しよう!
 (決定)

 実際に呼吸法を行う
 (行動)

 もう一つ例題

 セッションに行くのかったるいなぁ~

 治すためにセッションに行かなきゃ!
 (意志)

 よし!行こう!
 (決定) 

 実際にセッションい参加する
 (行動)

 洞察や、運動や、散歩や、

 すべてに言える 意志→決定→行動

 もし、万が一できない日があっても

 行動まで移す努力をする。

 呼吸法やセッション参加、運動だけでなく

 花に水やりをするのも

 玄関も掃除をするのも

 何か好きな趣味をするのも

 生活の中の行動に 意志→決定→行動 を意識して行う。

 これを繰り返し繰り返し繰り返し行う。

 これもマインドフルネス(SIMT)の訓練の一つです。

 この繰り返しが、一日も早く病状を回復改善させ

 完治に導く技法のひとつなのです。

 だから、呼吸法すれば早く良くなるとか

 セッションい参加してモチベーションを下げなければ

 早く治るとか言う単純な事ではなく、それ以前に

 この 意志→決定→行動 も、すでに病状を治す方法で

 あるということです。

 なぜこの 意志→決定→行動が早く病状を回復させるのか・・

この証明は難しい分野なので私にはうまく言葉でお伝えする事が

 できませんが、脳科学的なメカニズムで証明されているらしいです。

 ファイト!



posted by シュガー at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。