2015年01月13日

呼吸法はしていません


 年が明けて、お正月気分もすっかり抜けたと思いますが

 みなさんいかがお過ごしですか?

 毎日寒い日が続きますね・・・。

 最近では、あきも私も病気であったことさえ忘れかけています。

 先日ふとした事から、あきとマインドフルネスの話になりました。

 そんな中、「呼吸法はしているの?って最近ある人に聞かれたの・・・」

 と言います。

 私:「ふ~~ん」

あき:「してないって答えた!」

 私:「え???」

 あき:「うん・・・してないの・・・してなくても大丈夫なの」

 私:「なんで?」

あき:「してなくてもね、まず、気づく事ができれば自動的に

     回避できてるの・・・

     以前は、あ!嫌な事言われた・・・嫌だなって思うと

     知らず知らずのうちに呼吸法していた

     でも、今は、嫌だなと思った瞬間、呼吸法する前に回避できる」

 私:「あ!」

その瞬間、以前大田先生がおっしゃってた事を思い出しました。

 「呼吸法は道具でしかない・・・」 (以前のブログに書いてます≫)

リンクもしましたが、その時の文章を以下にコピペしますね。

 2010年6月に書いた記事から抜粋です。

***********************************************************
 さて、その呼吸法の話を前回のマインドフルネス総合研究所の

セッションでされました。

 驚いたのは

 「呼吸法は必要なくなる」という話でした。

 えぇ~~~~~とびっくりです。

 「今まで呼吸法してきたのになぜ?」って思いました。

 呼吸法は一生やっていくものだと思っていただけに、かなりびっくりしました。

 先生がおっしゃるには

 「1年2年3年と呼吸法をしたり洞察等をしたりいると、呼吸法をしなくても

  うつ症状を回避できるようになってくる」というのです。

 「マインドフルネスを長い間訓練すると呼吸法をしなくても自分の体が覚えていて

 自然とできるようになる」というのです。

 その上

 「呼吸法は、訓練をたやすくするための道具」ともおっしゃいました。

 要するに、手で土を掘るよりスコップを使った方がたやすい。

 手で水をすくうよりコップがあったほうがすくいやすい。

 という感じで・・・。これは私にとって衝撃的な事実でした。

 やはり、マインドフルネス総合研究所のマインドフルネスは

 奥が深いです。

***********************************************************

 すごい!すごい!すごい! すごすぎです!

 あきは、そこまで到達したんだと思うと感激と感動でいっぱいです!

 あきの歩みは人よりのろいかもしれないけど、確実にここまで来た!

 って感じました。

 そして、あきが続けて言うには

 「マインドフルネスは、まず第一に『気づき』

  これが一番大事!

  気が付かなければ先に進めないし治らない。

  今、自分がどいういう状態か・・・

  体調が悪いのか悪くないのか、

  考えに飲み込まれているか飲み込まれていないか

  不安が襲ってるのか襲ってないのか

  まず、気づく! 気づきがなければその先は無い!」

 「手のひらをね・・・たとえば、右の手のひら

  それを、自分の問題やら不安やらだとすると

  手のひらを見ているとまだ、回りの景色はその間から見える。

  でも、顔に覆いかぶせてみて・・・何も見えないでしょ。

  自分の覆いかぶさっている手のひらでさえ見えない。

  この状態に気づく。

  その手を膝の上におろすとね。回りが見えてくるでしょ。

その状態にしなければいけないの・・・。

  まず、自分の状態に気づく。

  つまり、気づく努力をするの・・・。

  気づこうとするの・・・。」

 ようるすに、あきが言うには、気づきは誰かがしてくれるものではなく

 自分自身で気づかなければならない。

 気づこうとしなければ始まらないということらしいです。

 確か、以前こんな話も聞いたことがあります。

 いくらマインドフルネスを行っても、不安や考えの渦から抜け出せない

 人がいる。それはその状態に気づかない。いくら気づくように言っても

 気づかない・・・つまり気づこうをしない人がいる。というのです。

 「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」

 命をつなぐおいしい水の所へ、連れて行くことはできても自身が飲まなければ

 誰も飲ませる事ができないという事。

 つまり、本人が気づこうとしなければ、回りがいくら「気づいて気づいて!」

 といっても、無理ということです。

 ということで、勝手に今年の目標!

 『どんな時でも、いつでもどこでも、気づく努力をしよう!』 

 「考えていたかいなかったかにチェック・・・チェック・・・チェック!」

 自己洞察法は、セッションの最後までず~~~っとあって、それは

考えていたかいなかったかチェック!

 自分の状態に気づく。考えていたか、不安の中にいたか、今波が落ちそうになっていないか

 チェック チェック チェック して気づこう!

考えていたからダメとか不安だからダメとか、考えてなかったからOKとか

 そんなことが大事なのではないのです。

 今の自分がどうなのか・・・チェックして気づく

 それがと~~~~~~っても重要なのです。
posted by シュガー at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする