2013年09月30日

再発


 こんにちはぁ~ ご無沙汰です。

 すっかり秋めいてきましたね。

 あきは、最近目標を見つけたようです。

 それに向けて、勤めながら塾に通い、勉強に励んでいます。

 通院を止めてから2年以上経ちました。

 断薬してからは1年9か月・・・。再発の兆しはまったくありません。

 少し気分が落ちそうになると、いつもより多く呼吸法をしているようです。

 洞察法は、今でも一日に数えきれないくらい行っているようです。

 最近は、会話に「うつ病」の話はまったく出てこなくなりました。

 ご飯食べれば自室にこもって勉強しているので、会話も減りましたね。

 病気の時にはベッタリでしたが、今は年相応の母娘になれたと思っています。

 前回も話しましたように、大田先生の本が出版されてから、たくさんの

 質問をいただいておりますが、マインドフルネスの内容について
 
 できるだけ素人の私が話さない方が良いと思い、お返事しないでおりました。

 ただ、一つ気になる質問があり、何度もコメントいただいてますので

 一応、私の知っている範囲でお話しようと思いました。
 
 「本で独学であっても、実際にセッションに参加したとしても

  セッション10までやれば絶対再発しませんか?」

 答えを先に言うと

 「セッションに参加する方がより治りやすいとは思いますが

  再発するかしないかは あなたしだい」

 実際に、セッション10まで参加して一生懸命真面目にやったのに

 再発した方を知っています。

 なぜ再発したか・・・・・答えは簡単です。

 「呼吸法を止めてしまった」からです。

 セッション10まで行って、卒業しても、呼吸法と洞察法は続けなければ

 完治しません。

 それは、このブログでも何度もお伝えしてまいりました。

 「わぁ~治った!」「良くなった!」と思っても、それはまだまだ

 休火山であるにすぎません。

 いつ、再燃するかわからない状態なのです。

 だから、油断せずに最低でも2~3年は訓練した事を続けなければなりません。

 あきは、今その段階にいいます。断薬してからそろそろ2年。

 一番油断しやすい時です。

 私は、十分に時間を取って、断薬で来てから安全圏を5年をめどに考えています。

 ガンと同じ・・・5年再発しなければ完治と思っています。

 セッション10まで終わって、良くなると普通の生活が迫られます。

 学校や職場では、健常な時と同じ条件が待っています。

 だからこそ、そこが大事なのですね。

 セッション10まで終了してからの注意点は以前にも書いています。

 http://mindfulness.seesaa.net/article/303915265.html

 改めて書くと・・・

 (1)呼吸法を止めない。あるいは減らさない。さぼらない。

    (短時間呼吸法も忘れずに、事あるごとに行う)

 (2)考えていたか考えていなかったか時々チェックしてみる。

 (3)洞察法を思い出し行う。

 (5)刺激のある映像(映画やテレビ)は観ない。

 (6)コーヒーや辛いものなど刺激物は口にしない。
  
 (7)散歩や運動は引き継きできる限り行う。

 (8)実際に落ち始めたと感じたら、呼吸法の時間を延ばす。

    考えが湧くのは止められないが、あるがままにする。徹底受容。

    ※ほんとにやばいと感じたら、学校や仕事を3~7日ほど休んででも、

      籠って徹底的に呼吸法を行う。

 そして…逃げない! 手綱を緩めない。 治すぞ!という気持ちを持ち続ける。

 すっごい厳しい事を言っていますが、うつ病やパニック障害、不安障害は

 手ごわいです。

 ちょっとでも隙を見せると、復活しようと狙っています。

 だから、セッション10までやったからと言って、完治ではないのです。

 そして、陥りやすいのが「他の病気を疑う」事です。

 再発した方も落ち始めたら双極性障害ではと言い始めましたし、

 私もあきが双極性障害の2型ではないかと何度も疑いました。

 うつ病が良くなってきたら、躁の状態じゃないかと不安になるのです。

 また、落ち始めると「やっぱり躁うつ病か?」と思うんです。

 現在は病名が分かる『光トポグラフィー』があるそうです。

 心配ならそれを受ければよいですね。 

 落ち始めたら、徹底的に呼吸法を行う。これが取り戻すチャンスで、ここを

 乗り越えたら、本物が待っていると思います。

 セッション10を過ぎてから大きな波が来る人は多くいるそうです。

 そこが最後の山。 それを超えられれば、後は波に合わせて自分を
 
 操縦していけるようになるでしょう。

 反対に、大きな波が来た方が治すチャンスになると考えた方が
 
 良いのではと思います。

 だから、

 「本で独学であっても、実際にセッションに参加したとしても

  セッション10までやれば絶対再発しませんか?」

 という私の答えは、
 
 「再発するかしないかは あなたしだい」です。

  だからこそ、再発しない訓練を欠かさない事が大事。

  あくまでも、私の考えと今までの印象です。

  あとは、大田先生か、マインドフルネスの先生に聞いて下さい。

 あきの姉の結婚式まであと2か月。家族で旅行してきました。

 とっても楽しい旅でした。

 マインドフルネスに出会わなければ、難治性の非定型うつもうつ病も

 治らず、今でもあきは床に伏せっていたかもしれません。

 姉妹で元気に歩き回り、走り回り、笑いあっている姿を見て

 ほんとに幸せだなぁ~って感じました。

 【神風さん・やすべぇさん】
 以上が私の答えです。よろしいでしょうか?あくまでも参考程度にしてください。

 ※現在は、ひとつひとつの質問にこたえておりません。
  マインドフルネスの内容につきましては、大田先生の質問コーナー
  または、かかりつけのマインドフルネスの先生にお聞きください。

※一部修正しました。


posted by シュガー at 12:10| Comment(1) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする