2011年12月05日

漢方と断薬


 あきは子供のころから便秘に悩まされていました。

 便秘、アトピーも含めて漢方治療にしたい

 と言いだして、今年の夏前だったでしょうか・・・・

 とある都内の漢方外来に通院しています。

 先日は2カ月ぶりの通院でした。

 帰って来たので様子を聞くと

 「お腹を触って診察してくれるんだけど

  便秘はかなり良いって。

  毎日ちゃんと出てるしね(笑)

  確かにお腹を押されても痛い範囲が狭くなってきた。

  先生が言うには腸内環境が整うとアトピーも良くなるって。

  顔見て すごく良くなりましたねって言われた。

  漢方とエゴマ油とアレルケアのおかげだと思う。

  でも何よりうつ病が良くなった事が一番影響してるよね。

  後は、手足が冷たい(冷え性)ので、その漢方ももらってきた。

  心臓の脈が弱いって言われてたのもかなり良くなってきたって。」

 お腹の調子が整ったら次はうつ病の漢方を処方しましょうという話は

 立ち消えになりました。その必要は無くなったからです。

 すべての症状がすごい勢いで一気に改善・完治の方向に向かっています。

 『治る』っていう事はこういう事なんだと強く感じます。

 最近あきが

 「すごく調子がいい。やる気もあるし楽しいし」と言います。

 「でも去年の今頃も良くなって来たと言っていたでしょ。

  今と去年じゃ違うの?」

 「全然!ぜっ~~~~~んぜん違う!

  一昨年は最高に具合が悪かったでしょ。

  去年はそれに比べるとかなり良くなったって感じ

  で今は、その去年よりはるかに良い。

  良くなったというのより、完全に治った感じ

  職場でちょっとした言葉を言われてもマイナス思考にならない

  以前はすぐ具合が悪くなったのに、今では全然気にならない

  具合なんてちっとも悪くならないよ」

 呼吸法と自己洞察法を身につけているからできる業です。

 そいういうあきは、やっぱりワイパックスを断薬していました。

 気が早いです。安定したかしないかの内に最後の1錠の断薬です。

 今日で4日目

 つまり、もううつ病関係の薬は一切飲まなくなって4日が

 経過したということです。

 様子をよくよく見ているとやはり少し離脱症状が出ているようですが、

 元気に過ごしています。

 今朝も出勤時にニコニコしながら手を振って出かけました。

 安定したと確認できたらお祝いです!

 完全断薬に成功すれば、精神病関連のクリニックとは

 縁が切れるわけです。

 「断薬できたら、もう来なくていいからね」

 そいう先生に言われています。もうすぐそこまでその日が

 迫ってきました。 正直嬉しい!
 
 あきは発病前に比べると、自分の時間を静かに過ごしたり

 勉強や習い事に使う事が多くなりました。

 それなりの年になって落ち着いたっていうのもあるのでしょうが

 一時期は双極性障害も頭によぎったのに、夢のようです。

 
 時間はかかっても確実に治る!

 体験したからこそ言えるのですが、

 「すごいぞ! マインドフルネス療法!」
 
 その一言に尽きます。




posted by シュガー at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。