2011年11月15日

日記の書き方


 ご無沙汰です。

 あきは元気です!

 もう元気過ぎて笑っちゃうくらいです。

 最近は仕事帰りにカフェによって大好きな抹茶ラテを

 飲んで読書を1時間ほどして帰ってきます。

 自分のお気に入りの時間のようです。

 夕飯を食べたらペン習字の練習をしています。

 だいぶ字がきれいになってきました。

 今朝はテレビを見て「外国人に話しかけられたら」

 という話題で盛り上がりました。

 あきが

 「私はなぜかしょっちゅう話しかけられるんだけど

  道とか聞かれると、応えている私が

  日本語を英語のイントネーションで言っちゃう事が

  あったの・・・外国人が日本語で話しかけてくると

  どうしてもそうなっちゃう。

  自分で話し始めてふと気が付いて一人で笑っちゃうんだよ」

 爆笑しながら出勤していきました。

 2週刊ほど前、リズミックという血圧を上げる薬を止めたそうです。

 「最近、たまに目まいがするんだよね」というので

 すわ!再発か?

 と思ったんだけど

 「リズミック止めたからなぁ~」ですって!

 当たり前でしょうが・・・・笑

 先日などは、お友達と青山でディナーしての帰りに

 メールで「ママ、ごめん!「特急の停まる駅まで迎えに来て」

 というので、ソルトと、「こりゃまた具合でも悪くなったに違いない」

 と車で迎えに行くと、ふらふらと改札から出てくるではありませんか…

 あれ?これはまずい? と思っていたら、笑いながら

 「ごめん 靴ずれが酷くて・・・久々のハイヒールだったからかな?」

 まったく、すっとんきょな奴です。

 そんなこんなで、体調は良好です。


 さて、今日はマインドフルネス療法のセッションで行う

 日記指導の事で少しだけ私の意見を言っちゃいます。

 あきが非常に具合が悪かったころ、マインドフルネス総合研究所に

 通い始めたわけですが、最初のセッションから最後まで

 ず~~っと日記を付ける『日記指導』というのがあります。

 セッションに参加してお話や指導をしていただいて、毎回

 その時のセッションのテキストと無記入の日記をいただきます。

 自宅に帰って指導してくれたように日々の生活の中で実践し日記に書きます。

 次回のセッションで日記を提出し、それに先生が指導コメントを書いて

 くださって郵送してくれます。

 それを読んで、また課題に取り組んでいくのです。

 あきの日記は、はっきり言ってひどい物でした。

 日記とまでいえないくらい。

 「今日は具合が悪かった」

 「今日は父の言葉にびくっとして怖くて具合が悪くなった」

 「今日は吐き気がして起きれなかった」「今日は消えたいと思った」

 1行日記・・・小学生でも書かないような内容が無いよう!

 という日記でした。

 具合が悪くて鉛筆を持つのもやっと・・・そんな状況の中での

 日記でした。2~3日書き忘れるなどざら・・・・。

 それでも私から「日記書いたの!」とは言わないようにしました。

 具合の悪い中、本人も必死で書いた1行だと分かっていたからです。

 またあくまでもマインドフルネス療法は本人のやる気が重要だからです。

 しかしながら、いつまでもこれでは回復が早くなりません。

 体調が良い時や、良くなってきたら本格的にちゃんと書きましょう。

 病状を治すための日記ですから、どこどこへ行って楽しかった。

 今日はこんなイベントがあった。会社に行くのが嫌だった。

 という内容も必要ですが、それに加えて次の点に注意して書くと

 良いでしょう。

 (1)不安になってきたり、具合が悪くなってきた、辛い症状が出てきた。

   その前に、何かなかったか?

   人から何か言われた。過去の事を思い出した。思考の渦に入ってた。

   会社に行くのが嫌だなって思った。人と会う約束が嫌になった
  
   などなど・・・・

 (2)(1)の症状が出てきたとき、どう思ったか

   ・嫌だ嫌だと思った。逃げたいと思った。

   ・嫌だとも逃げたいとも思わず、あわてずあるがままでいようと思った。

 (3)その後どうしたか

   ・具合が悪く耐えられずに寝てしまった。
   
   ・家族に当たってしまった。騒いでしまった。

   ・嫌だとか逃げたいという思いが消えて行くかどうか観察した。

   ・名前を付けて捨ててみた。

   ・呼吸法をした。

 (4)その結果

   ・やっぱり具合が悪い。
   
   ・家族に当たって自己嫌悪で落ち込んだらまた具合が悪くなった。

   ・消えて行くのを観察していたら時と共に消えて行った。

   ・名前をつけて捨てることができた。(できなかった)

   ・呼吸法をしていたらふと楽になってきた。

 (1)何が起こったか (2)どう思ったか感じたか

 (3)どう対処したか (4)結果どうだったか


 せっかくマインドフルネス療法を行っているのですから

 このように訓練している様子を日記に書き留め、指導してもらうと

 より早くターニングポイントにたどり着く可能性があります。

 日々の日記ではなく、このようにマインドフルネスを踏まえて

 日記を書くようにしましょう。

 また、日々不安になったり具合が悪くなったらマインドフルネス

 を実行するのですが、まだ身についていないとそれを忘れて

 心騒がせたり、どうして良いか分からなくなります。

 そいう言った時は、先生にメールなどで今の状況を問い合わせ

 指示を仰ぎましょう。

 とかく、具合が悪くなるとマインドフルネスを忘れてしまって

 いるときがあります。

 自分でその感を思い出せないくらい病状に捕らわれているのなら

 早めに指導を受けた方が良いです。


posted by シュガー at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

おだやかさんへのお返事


 先日、あきは仕事帰りに映画を見てくると出かけて行きました。

 帰って来たのは夜遅く・・・

 「何見たの?」って聞いたら

 「ツレがうつになしまして。自分と同じだった・・・・」

 感想を聞こうと思ったら

 「ま・・・とりあえずママも感想聞くより

  自分で観た方がいいよ」などと言っていました。

そして昨日

 「実は、ツレがうつになりまして。を観はじめてすぐ
  
  映画館を出ようかと思ったの。

  辛かった時期の事を思い出して苦しくなった。

  でも、最後まで見たよ」とポツリと言っていました。

 マインドフルネス療法を始めて先月で2年が経ちました。

 あきは、その経過の事を話し始めました。

 が・・・そのお話はまた後日・・・。

 今日はおだやかさんからコメントを

 いただきましたので、またまたあえてここでお返事

 させていただきます。

 ぜひ、皆様にもご紹介したいからです。

*********************************************

 >あきさん、自分の目標に向かって頑張っていらっしゃいますね。
自分で決めて、相談することも自分で決めて、自分の目標に
向かった行動を起こす。これは、マインドフルネス心理療法によれば、
「意志作用の活性化」ですよね。

●その通りです! 意思→決定→行動 ですね!

 最近あきは、重要な事は私に相談するより

 主人(ソルト)に相談する方が多くなっています。

 父娘関係は非常に良好!ソルトはほんとに怒ると言う言葉

 が辞書から無くなったかのようにおだやかになりました。

 性格が代わったんじゃないんですね。

 捉え方が代わったんだと思います。



 >前回は、私の駄文を記事にして頂き、恐縮です。
  励みになります。

 ●いえ!こちらこそ、毎回参考になる素敵なお話を

  ありがとうござます。



 >さて、今回のテーマですが、僕からも一言。
 やはり、言わない方が無難でしょうか。
 言わないで行っても何も薬物療法には影響無いですからね。

 ●そうなですよね!病院の治療とは交わる所(接点)が無いんです。

  だから平行して行えるんですよね


 >回復すれば、「おっ!俺(私)の処方した薬が効いたんだな。」
  なんて、思っちゃうDrもいらっしゃるかも知れませんから。
  それはそれでいいんですけどね。
  あまり当人のうつ病治療には重要なことではないので。

 ●感謝の気持ちって大事ですね。
  
  主治医に薬を処方していただいたのですから、

  一時的にでも対処ができたということで、その点では

  ありがたく感じていていいんじゃないでしょうかね。

  「マインドフルネスで治ったんだから医者の処方の

   おかげじゃないよ!」って私も思いがちでしたが

  そうではないですね。

  確かに治ったのはマインドフルネスのおかげだと思うけど、

  薬がなければやはり辛い時は乗り越えられなかったかも

  しれないですよね。
 
  精神科医の先生にはほんとに感謝感謝です。



 >些細な言葉でくじけてしまううちは、マインドフルネス
  心理療法にのめり込む位ガンガンやった方が良いと思います。
  抗不安薬で凌ぐのも一法ですが、理想的には減らしてゆきたい。
  根本的解決にはならないから。

 ●ガンガンですか! ほんとにガンガンできれば
  
  回復もすごく早いと思います。

  20年も患っていたおがやかさんが数か月で抗うつ剤を止められた。

  それはすごい事です。回復と同時に薬を減らすというのは

  「完全に治ってやるぞ!」という意味です。

  根本的にうつとさよならするという意味です。

  あきは薬が身体に合わず、副作用もでるだけでなく、止める時も

  体質で離脱症状が強くでます。他の人がすんなり止められる薬を、

  何カ月もかかって減薬しています。実際に減薬を始めてすでに

  1年以上かかっています。

  ドグマチールを断薬すだけでも長い時間を要しました。

  少しの量を減薬するたびに辛い思いをします。

  それでも、最終的にすべて断薬するぞ!うつ病とさよならするぞ!

  という意気込みはあります。

  マインドフルネスというアイテムを身につけているから

  できることなのですけどね・・・。


 >僕もそうだったんですけど、マインドフルネス心理療法の肝
  みたいなものが直感的に分かると、続けるのが苦にならないです。
  それまでは、何でこんなことやってるんだろうって考えることも
  しょっちゅうでした。
  「後から分かって」くると、加速度的に回復も進むし、
  あの時の課題はここに通じていたんだとか理解できて、やる気が
  出てきますよね。そうするとますます、回復してゆくという
  好循環にはまる。

 ●『心理療法の肝みたいなものが直感的に分かると』
  
  マインドフルネス心理療法のポイントはココですね!

  ここが分かった時がターニングポイントです。

  それからの回復は早いですよね。スピードがどんどん付いてくる。

  どんどん良くなってきて、目力が付いてきて、表情がしっかり
  
  してきて病状の回復が周りにも分かるようになるんですね。

  セッション10まで終了しても、そこが分かるまで参加する事

  ができるのは、ありがたいと思っています。

  あきはマインドフルネス総合研究所でセッション10を過ぎても

  かなり長い事、セッションに参加していました。

  最後まで面倒みてくださると言うか・・・。

  治るコツをつかむまで指導してくれるというか・・・。

  ほんとに感謝でした。
 

 >僕も今でも性格は変わらないし、些細な言葉に傷つくし、
  波もありますよ。でも以前と何が違うかって、
  回復するスキルを持っているので、思考しなくなったですね。
  自動的に呼吸法のスイッチが入っちゃうみたいな。
  その内に、浮き沈みするものは消えていっちゃうよって
  言う感じで。傷ついた自分も、波をかぶった自分も、
  皆過去へ流れて,消えてゆきます。

  だから、マインドフルネス心理療法を始めると決意
  したのだったら、強い意志で続けて欲しいですね。

 ●そう!性格は変わらない。自分が自分で居られる

  というのがマインドフルネス療法ですね。

  認知行動療法は思考の歪(ひずみ)とか言われて

  自分の生きてきた事、性格、全否定されている気分になります。

  その点、マインドフルネスは自分を変えなくていい。

  そこがほんとに素敵です!

  性格は個性です。

  人間には、やさし心ばかりでなく、意地の悪い心

  嫉妬心、ねたみ、そねみ・・・・など色々あります。

  あって良いんだと思うんです。それが自分ですからね・・・。

  『自動的に呼吸法のスイッチが入っちゃうみたいな。』
 
  完全にマインドフルネス療法を自分の物にされていますね。

  短期間に、すごいですね!

  これからも時々ご意見聞かせてください。
  

************************************************

 マインドフルネスの良いところばかりを言いましたが

 実際にマインドフルネス心理療法を始めるには相当の

 覚悟(治したいと強く願う事)が必要です。

 回復のためのプログラム、毎日課題をこなさなきゃいけない・・・

 (課題はセッションを受けるごとにステップアップします)

 毎日苦しくても呼吸法をしなければいけない・・・。

 日記を書かなきゃいけない・・・。

 運動もしなきゃいけない・・・。

 朝早く起きるように努力しなければいけない・・・。

 できなくてもOKと言われても、やはり課題をこなせば
 
 こなすほど良くなるのは確かですからね。

 当然、独学でマインドフルネスを行おうとしても非常に

 無理があります。ちゃんとした指導者に指導してもらって

 始めてターニングポイントに行きつく感じです。

 特に最終的に到達する40分の呼吸法は、最初はほんとに

 苦になると思います。

 回復し始めるとその40分の呼吸法をやることは苦

 にならなくなり、次第にやる事=楽になる

 という構図が出来上がっていくんですね。

 はっきり言っちゃいますが、マインドフルネス療法を

 実際に行うのは、最初のころは大変だと思います。

 でも、先生の指導のもと乗り越えられた時、

 回復・改善・完治が待っています。

 時々思い出しますが、参加者の方の中には課題に従った

 内容の日記をびっしり書いていました。隙間なく。

 質問もたくさんしていました。

 先生とのメールのやり取りもかなり行った人も

 いるようです。私もあきの様子から何度も相談に

 乗っていただきました。

 そうやって回復していきます。

 私のこのブログを読んだだけではマインドフルネス

 療法の100分の1も話していませんし独学で勉強しよう

 としても回復は望めません。

 たぶん、今出版されているマインドフルネス療法に

 ついての本を買って独学でやろうと思っても無理が
 
 あると思います。辛い時、心がくじけそうになった時

 投げ出したくなった時、いつでも相談できる場が
 
 必要なんです。適切な回答が必要なんです。

 その時一番効果的な方法や、物事の捉え方のチェンジを

 するための助言が必要なのです。

 苦しい時は、洞察の方法さえ忘れて苦しい事に捕らわれがち

 それをまた軌道に乗せてくれるのが先生の助言です。

 意味が分かっても繰り返し繰り返し助言してくれることで

 その場になると思いだせるようになります。

 そういう場に出会えたことは、ほんとに幸運でした。

 ただ、最初はやっぱり「胡散臭い」って思いましたけどね(笑)

 昨日、ソルトとそんな話になって

 「最初はへんな信仰宗教に勧誘されるんじゃないかとか・・・

  壺を買わせられるんじゃないかとか・・・

  多額の寄付を要求されるんじゃないかとか・・・

  正直心配したよね」

 「そうそう!笑えるよね!」

 と言って爆笑しました。

 おがやかさんは、そんな事心配しなかったのかな?

 その時は真剣だったけど、今では夫婦で思い出しては

 笑っています。
ラベル:うつ病
posted by シュガー at 13:00| Comment(3) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする