2011年05月20日

せっかくマインドフルネス療法を受けても・・・

 せっかくマインドフルネスのセッションを受けても

 持ち帰って呼吸法をしない。課題を行わないでいると

 治りません。

 はっきり言いますが、毎回ちゃんとセッションに参加しても、

 やらなきゃ治らないのです。

 お任せではなく、自分で実践することによって

 完治を目指せるのです。

 特に、呼吸法は毎日何度も行いましょう。

 めんどくさい・・・やったって良くならない

 って思ってやらないでいてはいつまでも同じところいるだけです。

 疑ってもいいです。とにかくやりましょう。

 「治したい」という強い希望だけでなく

 「治すんだ!」という強い意思を持って取り組みましょう。

 以前、先生もおっしゃったように「呼吸法」は

 バケツに入った泥水に清水を一滴たらすようなものです。

 その一滴を何度なんども何度もたらしていくと

 いずれ濁った水よりも清い水が多くなり、少しずつ

 だんだんと透明になっていくのです。

 そうやって治っていくのです。
 
 だから呼吸法で治すのは確かに時間がかかります。

 (これは何度も言っている事ですが・・・・。)

 以前にもご紹介した赤坂クリニックの貝谷先生の著書で

 「マインドフルネス・瞑想・座禅の脳科学と精神療法 」
 
 という、私たちにも理解できる本があります。

20101213.jpg

 マインドフルネスがどうしてうつ病などに良いか

 脳科学的に証明している本です。

 その本の中に、非定型うつで苦しむ若い女性が

 「禅」の呼吸法や瞑想 つまりはマインドフルネスで

 治っていく様子が書かれています。

 その中に、一日何時間も行い1~3ヶ月でほぼ完治に

 近い状態にもどった様子が書かれています。

 そして今がどんなに幸せか。明るい人生になったか

 証言しています。

 止めない事です。

 呼吸法はやりつづける。

 やればやるほど回復が早くなります。

 あきの場合、最初は非常に苦しくてなかなかできませんでした。

 それでも少しずつでも毎日毎日呼吸法を続けました。

 30分できるようになると、回復が早くなってきました。

 セッションに通っている方の中には

 家族の大黒柱の方もいました。

 休職したり、退職をせざるをえなくなり、日々の生活にも

 不安を抱えている人がいます。

 そんな方は特に治そうと必死です。ほんとに必死です。

 そいういう方は、起きている間中、呼吸法を行っている
 
 人もいました。暇さえあれば呼吸法と洞察。

 そいういう人こそ回復が早く完治が見えて来ます。

 とにかく、理屈をこねる前に呼吸法と洞察をやる!

 やれない理由を見つける前に呼吸法と洞察をやる!

 辛くてできなければ、寝たままでもやる!

 人間、生きている以上呼吸は必ずしているのですから

 その呼吸の吐く時間を長くすればいいのです。

 やり方をちゃんと教わっているのですから

 それをやればいいんです。

 長い人生の中で、『今がんばらなくていつがんばる!』

 あなたの人生、そのままでいいんですか?


 【マインドフルネス療法はどこで受けられるの?】

 という質問をいただきました。

 まだまだ知名度は低く、指導してくれる先生も少ないので

 見つけるのは難しいですね。

 まず、あきが受けたのは

 埼玉のマインドフルネス総合研究所
 
 こちらはNPO法人なので1回(2時間)テキスト・会場費など含めて

 1000円で受けられました。

 始めは月に2回でしたが、卒業して研究会に移行してからは月1回でした。

 ただ、埼玉では今年は募集はしないそうで、福井でスタート
  
 しましたが、HPを見ると定員いっぱいになっていて締め切っている

 ようです。

 また次には東北の被災地で行う計画があるようです。

 後は、私が知っている所では、マインドフルネス総合研究所の

 先生のカウンセラー養成講座を卒業し、セッションを行って
  
 いるのがマインドフルメイト
 
 山梨県ですが、東京からだと1時間半くらいで行けるようです。

 こちらはまだNPO法人を取っていないため寄付や控除がないので、

 実費で1回(2時間)テキスト代・会場費等含めて3500円だそうです。

 また大阪では心の健康体操にマインドフルネスを取り入れている
 
 ところがあるようです。

 http://mindfulness.jp/kenkou-taisou/osaka-junna-ctr.htm

 そのほかもあるようですが・・・・具体的には分かりません。

 また、時々ネット検索すると出てくるのですが

 営利を目的とし、1回一万円などというところもあるようです。

 そのほか、情報をお持ちの方はぜひお知らせください。

 マインドフルネス心理療法の本も日に日に多く出版されるように

 なりましたが、やはり今ある本だけで独学で進めようとしても

 非常に難しいです。具体的にどうするかあまり書かれていません。

 今年の秋口には先生の本が出版されますので参考になると思います。

 それでも、辛い状況の中、独学は難しい・・・。
 
 ちゃんとした指導者のもとで行うのが一番良い環境です。



拍手にコメントいただいた方へ


ラベル:うつ病
posted by シュガー at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

正式に社員になりました。


 試用期間の三ヵ月が過ぎ、あきは正式に社員となりました。

 「正社員だね!おめでとう」と声をかけると

 「覚えていてくれたの?うれしい」と言っていました。

 毎日元気にお弁当を持って出勤しています。

 最近は、特におしゃれに気を使い、制服があるとはいえ

 出退勤時には「いつもかわゆくしていたい」と思っている

 そうで、女の子の楽しみを味わっているようです。

 「海外に行きたいなぁ~ 大学のころから行きたかった

  モンサンミッシェルには絶対行く!

  まずは夏に友達と韓国かな・・・。

  他にも色んな経験を積みたい。

  箱の中にいっぱいつまっていた思いが、ふたが開いて
  
  どっとでてきた感じだよ。

  これもしたいし、あそこも行きたいし、あれも食べたい~(笑)

  そろそろ彼氏も作らなきゃね(爆笑)」

 あれから呼吸法は欠かさずやっているそうです。


 最近分かった事ですが、あきはどうやら『樹脂アレルギー』

 のようです。

 発病する前までは、アトピーがあるとはいえ顔には一切

 出なかったのですが、発病してからやけに肌荒れが酷い。

 気分が落ちるとすぐ顔にぱぁ~っと出る。

 確かにアトピーの悪化はありました。

 でも、それだけじゃなかったことが発覚。

 最近はお肌つるつるで、気分の落ち込みもまったくないのに、

 ある事をすると2~3時間で顔が腫れてくるようになりました。

 もしかするとアトピー+樹脂(プラスティック)アレルギー

 があったために、あそこまで酷くなっていたのかもしれません。

 そのあることとは「めがね」です。

 いつもコンタクトレンズなのですが、家にいるときはめがね

 の方が楽とずっとかけていました。

 買ったのはもう3年ほど前・・・

 最初は気に留めなかったのですが、最近はちょっとかけると

 まず鼻のパットが当たる部分が真っ赤になって、そのうち

 耳にかける部分や顔中赤く腫れます。

 それはかけるたびにどんどん酷くなります。

 仕方なく包帯を買ってきてめがねの当る鼻の部分や耳の部分
 
 をぐるぐる巻きにしたのですが、やはり数時間で赤くなり・・・。

 めがねを止めると1日くらいで回復し始めます。

 めがねをチタンか何かに買い替えなければならないようです。

 あきの場合、コンタクトレンズも特殊なもので、

 普通のコンタクトレンズだと常にずれてしまいます。

 ある日、ある眼科で「あなたの場合は眼球が大きい。

 特に黒目が大きいので普通のコンタクトレンズでは

 カバーできず、密着感が無いのです」と言われ

 少しお高めですが、黒目大きいサイズ用のコンタクトをしています。

 それにしてからはすっごく快適だそうで、よく充血したり

 傷ついていたりして眼科に行くことも無くなりました。

 それでも、めがねは必要です。

 8時間以上もコンタクトをしていると目が疲れたり

 乾きやすくなるからです。

 しばらく眼鏡店には行けそうにもありませんが

 (最近のあきのスケジュールは遊ぶ事や旅行でいっぱいです)

 早めに買い替えるように言っています。

 プラスティックでもアレルギーがでるなんてほんとにビックリです。


posted by シュガー at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

鏡になってみよう!


 たいへんご無沙汰です。

 GW皆さんいかがお過ごしでしたか?

 私たち家族は、震災復興の微力になればと家族旅行をしました。

 経済少しでも回さなきゃね・・・。

 あきの祖母(ソルトの母)が、寝たきりになって

 そして亡くなって、私の手術、あきの発病とたて続き

 やっとほっとできた今日です。

 祖母と一緒に家族旅行してからもう6~7年の歳月が経って
 
 しまっていました。

 姉の仕事の都合で一泊しかできませんでしたが、今回は
 
 お天気にも恵まれ、計画したイベント事や食事処が

 どれもこれもバッチリ最高で、朝早くからの行動も

 功を奏して待つ事はあってもスムースな旅行ができました。

 なにしろとっても楽しかった・・・・

 あきも姉もソルトも、もちろん私も大満足。

 あきにとってみれば「パパが怒らなかった」というのは

 最高に良い旅行になったと思います。

 絶品と言われたお蕎麦屋さんで2時間待ちましたが

 その間、周りの植物や空気を楽しんでいたソルト

 以前だったらすぐ怒りだすのに

 ほんとに気がながぁ~~~くなって、人間的に

 大きくなって、「旨いそばだったなぁ~待ってる間に

 なんかのんびりできた。疲れが取れた」と言っていました。

 これもあきと一緒に参加したマインドフルネスのおかげ
 
 だと思います。人間って変われるんですね。

 あきは、少しも具合が悪くならず、長距離を歩いても

 疲れる事もなく、ほんとに元気でした。

 かといってテンションが高いわけでもなく、静かに

 座って草花を愛でたり、風に当たって穏やかな表情だったり
 
 していました。

 具合が悪くてもなかなか自分から言い出さないあきなので

 いつもは私があきの様子に「具合悪いの?」と何度も聞くのですが

 ここ1~2か月前からそれが減り始め、今回の旅行では、まったく
 
 聞く事もありませんでした。

 ともすると薬を飲み忘れそうになるくらいです。

 一度はルボックスを翌日の朝まで飲み忘れ、

 「具合悪くないんだけど、飲んどいた方がいいかな?」

 なんて言っていました。

 仕事も休むことも、遅刻早退もなく、ちゃんと通勤

 しています。

 あと2日行けば、正式に社員になります。

 母の日には、姉と二人でカーネーションとちょっとした

 プレゼントをくれました。

 今、ほんとうに幸せだなぁ~と実感しています。

 ただ一つ・・・・

 昨日あきに聞いたところ「調子が良いから呼吸法を

 忘れがちになっている」とのことで、改めて

 呼吸法を行なおう!と話しました。

 普通に生活できるとどうしても忘れがちになってしまいますね。

 でも、体調が良い時ほど行う方が良いのです。


 さて、今日は「鏡になってみよう」というお話・・・

 マインドフルネスの中に「自己洞察」というのがあります。

 以前お話した「ただ見る」というのがありますが、

 今回は自分が鏡になるというものです。

 窓からでも良いですから外の景色を見てみましょう。

 ビルがいっぱ建っている所にいるかもしれません。

 山が見えるところにいるかもしれません。

 車が走っていたり、人が歩いていたり・・・。

 動くものもたくさんあるかもしれませんが

 その事にとらわれず、自分自身が鏡になったつもりで

 それらの景色をただ映す。

 「赤い車が走ってるなぁ~あの車どこへ行くんだろう

  あ!曲がるとき人にぶつからないだろうか・・・」

 などと考えないっ!

 「人がいっぱいあるいているなぁ~ 

  あの女性の服、かわいい」

 とか考えないっ!

 「向かいのビルの窓に人が見える。

  上司に怒られているみたいだ・・・大ジョブかな」

 なんて考えないっ!

 ただ、その情景を何も考えず、主観を入れず、評価せず、

 自分が鏡になったようなイメージでありのままを映す。

 ただ映す・・・・。すべて受け入れて映す・・・。

 簡単なようですが、思考が浮かんできたりします。

 そしたらまた、ただ映す・・・。

 これがマインドフルネスの自己洞察の「ただ見る」から

 ひとつ進んだやり方です。

 5分~10分 やってみるといいでしょう。

 
posted by シュガー at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする