2010年11月19日

就職活動中


 今日、あきは朝からハローワークのネット情報を見ていました。

 「新しい募集があった」とすぐさま職安に飛んで行ったのですが

 職員さんの情報打ち込みが間違っていたらしくがっかり・・・。

 今年の新卒者の就職は、昨年よりもきびしいらしいですね。

 新卒者でなくても1つの募集に何十人も殺到しているのが現状です。

 それでもあきは今日、自分で気になる募集があるらしく、また新たに

 郵便局から何通かの履歴書を送っていました。

 「きっと、病気ももっと改善されてGOが出る時、就職も決まるんだそろう」

 と言っています。私はただ見守るだけです。

 あきは、大学生の時にやっていたイベント派遣のアルバイトをやりつつ

 就職活動することに決めたそうです。

 そう・・・前回(夏)始まった途端に具合が悪くなったあのバイトです。

 あの時は、実は皇室がいらっしゃるということで、周りがかなり緊張して

 いたなかでのバイトだったので、余計具合が悪くなったのではと思います。

 でも、あのころの様な事はもう無いだろうと本人も感じているようです。


 かといって、まったく具合が悪くないという訳ではありません。

 夜になると「あ・・・おかしくなってきた」と言って呼吸法をしたり

 「ちょっとヘンだからお風呂に入るね」とお風呂場に飛んで行ったり、

 就寝前だったらすぐに布団に入って寝たり、工夫しているようです。
 
 そんな中、大好きなアイドルのコンサートも決まったそうで、

 どこへ行こうかとお友達とメールでやりとりしている姿が楽しそうで

 こちらまで嬉しくなります。

 病状が少しずつ安定し、改善しはじめると、何でも自分で決める

 もとのあきに戻ってきています。

 
 さて、先日、ソルトが突然あきに話をはじめました。

 「パパもママもそうだけど、クソまじめなんだよな・・・。

  だからお姉ちゃんもあきもまじめなんだよ。(笑)

  まじめなのは悪い事じゃない。良いことなんだけど

  100%全力で走っていたら、絶対長続きしないんだ。

  分かるよね。」

 というとあきがうなずきます。

 「その上あきは、すっごい負けず嫌いだから、なかなか難しい

  かもしれないけど、100%がんばるんじゃなくて

  70~80%にした方がいいよ。

  100%がんばっていると、それにのめりこんでいて周りが

  見えなくなっているからね。

  周りが見えなくなっていると、色んな事が起こっているのを

  察知できなくなる。問題が起こりやすくなる。ミスも大きくなる。

  いつも、周りを見渡せるくらいのがんばりでいいんだよ。

  それと100%の力をいつも出していたら充電が空になった時

  パワーを蓄えるのにすごい時間と努力が必要になる。

  7~80%だったらすぐに力を取り戻せて、長い間持続できる。

  それでも人生において「ここぞ!」というがんばり時が来る。

  100%の力は、そのここぞ!という時に瞬間的に発揮すればいいんだよ。

  がんばることは悪い事じゃない。良いことなんだけど

  がんばり方を工夫するといいよ」

 あきは、目にいっぱい涙をためて聞いていました。

 自分に当てはまる事をずばりと言われたのと、いつも怖いと

 思っている父親が自分を分かってくれているとういことで

 何か感情が湧きあがってきた感じでした。

 あきは、なんでも全力でやらないと気が済みません。

 誰かに負けたくないという気持ちより、自分に負けたくない

 とうい気持ちが非常に強いです。

 どちらかというと、他人の事はどうでもいいし、世間もどうでもいい。

 自分自身の中で自分に勝てない事が悔しいと言う感じです。

 「もう少し力を抜いていいんだよ。」

 今後のあきの人生においても、それに気がつかないで全力で走っている

 時が来るかもしれない。そんな時、さりげなく「もう少し力を抜いて・・・」

 と言って声をかけられたらと思っています。

 

 
 先日、松平健さんの奥様が亡くなられましたよね。

 何でも完璧にこなそうとして、がんばりすぎてしまったようです。

 性分といえばそれまでですが、少しずつでいいから力を抜いて

 がんばっていることを周りがいつも認めて見守ることも大切だと思います。

 松平健さんの「心通いあう先生と巡り合えなかった」という言葉は

 非常に重いです。奥様への深い愛情と、それを守れなかった辛さと

 今の精神医療の現状への心の叫び・・・。

 胸が痛くなる一言でした。  

 
 ☆しばらくの間(たぶん2~3週間)仕事のためブログの更新ができなくなると思います。



 拍手にコメントいただいた方へ
posted by シュガー at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

フリーター、家を買う【原因を取り除けばいいの?】


 先日、マインドフルネスのセッションに参加しました。

 あきは、自律神経失調症的な症状はあまり出ていないし気にならない

 ようですが、やはり気持ちが夕方かた落ち込んでしまうそうです。

 それでも、セッションに参加して先生からヒントをいただいて

 ここ数日はそれほどの落ち込みでもなく過ごしています。

 「思考は止める・・・でもね不安な気持ちは止めないんだって。

  あるがままにするんだって・・・・

  私、不安な気持ちも止めたり、ぽぃしたりしようとしていた

  だから良くならなかったんだね。」

 「そう・・・先生が戦っちゃ駄目ってメールで言ってたよ。

  戦わずに、あるがままだって」

 わかっているようっで、辛い時にはついつい忘れてしまいがちです。 

 それからだいぶ気持ちの底上げができたようで、落ち込みの度合いが

 少なくなりました。


 今日もあきは就職活動・・・ハローワークに行ってきました。

 「なかなか無いねぇ〜。でも自分だけに仕事が無いんじゃないと思った

  少しほっとし。ゆっくり見つけてもいい?」と聞いていました。

 「焦らず、ゆっくり探していいんだよ」と言いました。

 そして、今夜は久々にお友達と逢ってお泊り・・・・。

 「きっと楽しいね」といいながら出かけていきました。

 
  
 さて、最近「フリーター、家を買う」というドラマを見ました。

 全部しっかり見たわけではありませんが、なぜフリーターが

 家を買うのか、先日の放映で分かりました。
 
 「そっか・・・お母さんをうつの原因から遠ざけるために

  別の土地に家を買うんだね」というと、あきが

 「そうだよ!今わかったの(笑)

  でも・・・それじゃ駄目だよね。逃げてもよくならない」

 私もそう思いました。

 原因を遠ざけたらうつ病が治るというものではないですね。

 確かにストレスになることは避けた方がいいのかもしれませんが

 一時的にそれでよくなっても、うつの回路ができてしまっている
 
 ので、再発の可能性は高いです。

 もし、原因が避けられないものだったらどうでしょう?

 腹水盆にかえらないものだったとしたら・・・・。

 大失敗して首になってしまった。大失敗したことを元に戻すことはで

 きませんし、首を撤回してもらうこともできません。

 家族や恋人が亡くなった場合・・・・生き返ってくれはしません。

 ドラマの、お母さんに家を買ってストレスから開放してあげる

 というのはすばらしい親孝行ですが、それだけでは駄目だと思います。

 人間の記憶は、どこに引っ越しても一瞬にして辛かったその瞬間に

 移動することができてしまうのです。

 思い出してしまうのです。

 思い出というのはすばらしいですが、人間は思い出して、時間も場所も

 飛び越えてそのときに戻ることができるすばらしい能力がある反面、

 その能力がゆえに自分を苦しめてしまうこともあります。

 思い出しても、ストレスにならないように訓練するのが大事です。

 それがマインドフルネス療法だと思います。

 このドラマ、きっと最後にはお引越しをすることができるでしょう。

 でも、それでめでたしめでたしという内容の浅いドラマで無いことを祈るばかりです。
 
 なぜなら、うつ病などそんなに簡単なものではないからです。



タグ:うつ
posted by シュガー at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

うつ病~完治をめざして~


 あきの先輩、はちみさんのブログが更新されました。

 うつ病~完治をめざして~

 しばらく更新がなかったので少し心配していましたが

 どうやらお仕事がすごくお忙しかったようです。

今回は、マインドフルネスについて経過を書かれています。

 リストカット、自殺未遂、精神科病棟へ2回の入院をしたという

 辛い経験を持つはちみつさんですが、マインドフルネス総合研究所

 指導のもとうつ病を完治させ、なおかつ現在再発もせず社会で活躍して

 いらっしゃいます。

 まだ時々不安はあるかと思いますがそれも呼吸法と、あるがままに、

 で乗り越えていらっしゃるそうです。

 ブログの記事を拝見すると、まさに同感!

 あきも、はちみつさんの開いて行った道筋を後から歩かせて

 いただいているのです。
 
 昨年の夏、どうにかあきの辛い病状を軽くしてあげたい一心で

 一日中PCに向かって調べ、また夜は布団の中で携帯で調べ

 そうやっているうち、何度も何度もたどり着いていたのが

 はちみつさんのブログでした。

 「うつ病にはスイミングがいいらしい・・・」

 「運動をした方がいい」などはちみつさんのブログから情報を得ました。

 それとは別に、マインドフルネス総合研究所のHPにも何度も行きついて
 
 いたのですが、始めはどうにも胡散臭く感じて(先生ごめんなさい。笑)

 それでもはじからはじまでじっくり読んで、少しずつ納得して行ったのを

 覚えています。

 そのマインドフルネス総合研究所のセッションを受けていたのが

 はちみつさんだったのです。

 マインドフルネスのセッションを受け始めてからも、あきのうつ治療への

 指針になってくれたのが、はちみつさんのブログと、私のコメントに対して

 丁寧に答えてくださったはちみつさんの言葉でした。

 今、まだまだ完治には達していませんが、はちみつさんの足跡を

 たどっている私たちにとって、ほんとうに希望の光だったし

 これからもそうだと思っています。


 ぜひ、はちみつさんのブログ『うつ病~完治をめざして~』を

 ブックマークしてたくさんのヒントをいただいてください。

posted by シュガー at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする