2010年10月08日

アルバイトがスタートしました。


 今日で3日目です。

 今のところ、周りのスタッフがほんとに良い人ばかりなのと

 心底、洋服が好きなことで仕事が楽しいらしいです。

 一日8時間労働、往復2時間の通勤時間、立ち仕事

 社会復帰の条件としてはかなり悪いのですが、

 本人のたっての希望だったために見守ることにしました。

 「足が痛い・・疲れた」とは言うものの

 帰宅してからは、働いた様子などマシンガントークで

 しゃべりまくります。それはそれは楽しそうです。

 足のケアの対策用品を用意し、寝るときは足を高くしたり

 栄養ドリンクを買いこんでいたり、お風呂はゆっくり入って

 いつもより洞察をしたり、行き帰りの電車の中では呼吸法
 
 と洞察を欠かさず行ったりして、自ら努力しています。

 また、小さなメモ帳とペンを用意して、指導を受けたこと

 など、書きとめるようにしているそうです。

 やはり思考停止や物覚えの悪さや物忘れがあるんじゃないかと

 心配があるようです。

 すると「今まで大事なこともメモを取る人がいなかった」

 と大変褒めてくれたそうです。

 「いえ・・・私は人より覚えが悪いですから・・」と

 言っているそうです。

 いつも謙虚に、笑顔を忘れず、返事、あいさつをする

 を心がけているそうです。

 すると、周りのスタッフだけでなく、隣のショップの

 店員さんまで「応援してるよ」と言ってくれたそうです。

 「ここの仕事は辛いからね・・・止めちゃう人多いのよ」

 と言われているそうで

 「私はやれるところまでやってみる」と言っています。

 あまり、気負い過ぎてしまってもと親としては

 ハラハラドキドキです。

 もしダメでもそれはそれで良し。

 もう3日もがんばったんだからと思ってしまいます。

 昨夜、マシンガントークで話をしていたのを聞いて
 
 いるとき

 「ところで具合はどうなの?」というと急に黙って

 あれれ?と思っていたら

 「具合が悪いとか思っている暇ないのよ・・・。

  そんな場合じゃないの。

  家にいるときは具合も悪くなること多かったけど

  不思議だね・・

  それとね・・・昨日間違えてドグマチール

  4分の3の日だったのに半分しか飲んでなかった

  でも、なんか大丈夫なんだよね。

  今日も半分にしてみる。」

 びっくりです。あんなにドグマチールの減薬には

 気を使っていたのに、主治医の言ったように

 「ある日、飲み忘れたなんてことがあったら・・・・」

 の話を思い出しました。

 飲み忘れるくらいなら、その波に乗っちゃえという

 事なのです。

 このままドグマチールが半錠ずつになってくれたら

 こんなにラッキーなことはないでしょう。



 「仕事のお休みはとったものの、疲れているなら、次回の

  マインドフルネスのセッションはお休みにしたら」と言ったのですが

 「絶対行く!少しでも先生とお話するとすっごく楽になるから・・・。」

 と言います。

 ソルトも
 
 「働き出して、色んな場面があるだろう。セッションに行って

  また思い出してみるというのもいいんじゃないか?

  ましてや本人が強く行きたいと言っているんだから

  それはそれで協力しよう」

 と言っています。

 

 今は、あまり無理しないようにと助言することと

 見守る事くらいしかないですね・・・。



posted by シュガー at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

通院日


 昨日は通院日でした。

 あきと診察室にはいると

 先生が今日は特別お忙しそうだったので

 私が完結に話をすることにしました。

 ●アルバイトが決まった件。

  アルバイトは決まったが本人が心配していることがある。

  記憶力・判断力・覚えの悪さがあるのではないか?

  ミスを連発してしまうのではないか?
 
  しいては周りの人たちに迷惑をかけ白い目で見られる
   
  のではないかなどという、予期不安。

  最近簡単な 足し算・引き算・掛け算・割り算・分数の計算

  を5問ほどだしたところ、通常より少し遅いものの、

  間違いはなく計算できました。

  ところが、計算し終わってすぐ「頭が痛くなってきた」

  というのです。これは血流がよくなったということなのか?

  あるいは、計算などさせたのが良くなかったのか?

  と先生に伺ったところ、

  「それほど脳の血流が良くないというわけではないです。

   確かに厳密に機械を使って検査すると記憶力のところの

   血流が悪くなっているということはあるかもしれません。

   それでも、仕事を始めれば徐々に回復してきます。

   心配することはありません。

   脳に良い刺激を与えるとしたら本を読むなど、好きな事を

   ゆったりするといいでしょう。」

  と言われました。

  ※マインドフルネスの先生のお話ですと、脳の血流を良く
   
   するには有酸素運動やフリフリグッパー運動が良いそうです。

  
 ●8月中旬 今までになくテンションが高い時があり

   いつもは話したことのない近所の人と会話したり、

   明るく元気で・・・ちょっと元気すぎ?と思うくらいでした。

   楽しいことが次々と頭に浮かんでくると言っています。

   でも、お金を使うとか、人に迷惑かけるとうことではありません。

   特に異常な感じもしません。

   躁うつ病という可能性はないでしょうか?

   「心配いりません。

    うつ病の回復期にはよくあることです。

    まだコントロールがちゃんとできていないところがあり

    テンションが上がり過ぎたりします。

    躁うつ病の躁のように、あきらかに異常な感じだったり

    人に迷惑をかけるような事がないかぎり、躁うつ病は

    考えなくて良いです。

    これからも回復していく間にはテンションが高い事が

    何度かあります。 

    心配しないでゆったりかまえていてください。」


 ●減薬の事ですが、まだドグマチール 半錠と4分の3錠を

   一日置きに飲んでいて、なかなか減薬が進みません。

   他の薬から減薬することはできますか?

   「今からアルバイトが始まると言うことですので

    減薬はいったんお休みにしましょう。

    このままの良い状態を維持してアルバイトに慣れて

    からまた始めるという方法が良いでしょう。

    ましてや、半錠と4分の3錠を一日置きでしたら

    本来ならいつでも止められるほどの少ない量です。

    ある日、ふと飲み忘れてしまった・・・ということも

    あるかもしれません。体調が良ければ飲み忘れてしまって
   
    そのまま止めてしまったとしてもOKです。

    他の薬ですが、やはり他の薬は減薬のスタート時に

    かなり体調を崩す人がいます。

    ですのでやはり順番としてはドグマチールを止めてから

    他の薬の減薬に入った方が良いです。

    とりあえずは、アルバイトの様子を見ながらということで

    進めていきましょう」


 とにかく、今は回復期にあるということを再確認し

 完治に向けて焦らないという大切さを改めて教えてもらいました。

 先生はあきに

 「アルバイトは全力ではなく、始めは半分くらいの力で

  無理せずやってください。

  心配しないで・・・きっとやれます。」

 と言ってくださいました。


 ***************************************************





    


 
  拍手にコメントいただいた方へ
ラベル:非定型うつ
posted by シュガー at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

アルバイトの研修


 アルバイトの研修に行ってきました。

 5時間ず~~っとお勉強。

 時々過去バイトしていたところで、クレーム処理を

 したことがあるか?などの質問を受けたそうですが

 過去の事になると、頭が真っ白になってしまって

 言葉がなかなか出なかったそうです。

 「文字を読んだり理解したりはすぐできるんだけど

  なぜか過去の事になるとすぐには思いだせないの・・・

  ほんと、びっくりしたぁ~」

 しかたない・・・それだけ脳がダメージを受けてしまっている

 ということなのだから、そのまま受け入れているときっと

 改善してくるでしょう。

 それよりも、5時間もの間ずっと研修を受けていて

 具合が悪くならなかったことの方が嬉しい。

 その上、ウインドショッピングまでしてきたというから驚き!

 夕飯前に帰ってきて「疲れたけど、それよりお腹すいたぁ~」

 というあき・・・。「お昼お預けだったの・・・」

 
 ほんとに以前、駅まで歩くことができなかった、あきだとは

 思えないくらいです。

 タジン鍋の蒸し野菜をモリモリ食べて、研修の話をいっぱい
 
 してくれました。

 
 3日前には一時不安になって夜デパスを飲みましたが

 ちゃんと話合って

 「これは訓練。どんな場面でもマインドフルネスを実践すると

  乗り越えられる。今まで訓練したのを、やっと実践できる時が

  きたんだね」というと、かなり気持ちが楽になったようです。

 マインドフルネスの支えがなければ、社会復帰はなかなか難しい

 ように思います。

 くじけるとき、壁にぶち当たる時、辛くなった時、苦しい時

 マインドフルネスを思い出して欲しいと思っています。

 「時々、忘れそうになったら、またママに聞くから教えて」

 と言います。

 

 あきの様子は、いたって普通です。

 元気に笑い、元気にはしゃぎます。

 夜の不安も、時々現れるくらいでまったく普通の状態です。

 ソルトとの関係も良く、スタバに行きたい!と言って

 連れて行ってもらったり、必要な物も少しずつ言えるように

 なってきました。

 一番は、なんといってもソルトにマッサージしてもらうことです。

 週に一回くらいストレスで凝り固まっている背骨の両側を

 丁寧にもみほぐしてもらいます。

 これは私がやっても「ママは下手だからあんまり効かない」

 と言われていしまいます。

 スパなどに言って「マッサージしてもらったら?」と言っても

 「ううん・・・パパの方が私のツボ知ってるしタダだし」と言って

 笑います。
 
 ソルトは「俺もあきもここがこるんだよ・・・親に似なくていいところまで

      似るんだからな」といってちょっと嬉しそうに笑います。

 うつ病は身体の凝りで悪くなっている場合もあるそうです。

 整体矯正なども効果があるそうです。

 
 今週末からいよいよバイトがスタートします。

 これからは、私はただ見守る事に専念していくことになるでしょう。

 だんだん手から離れていくような気がします。

 まだまだ乗り越えなければならない山はたくさんありそうですが

 嬉しいような・・・反面寂しいような・・・・。



拍手にコメントいただいた方へ
ラベル:非定型うつ
posted by シュガー at 15:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする