2010年10月21日

思考停止はうつの症状


 ここのろところ、胃が重いなぁ~ と思って病院へ行きました。

 胃カメラも飲んだのですが、異常なし。

 「ストレス」と言われてしまいました。

 それを聞いたあき

 「やだぁ~ ママ、私の事が心配でストレスになっちゃったの?

  痛い時にはぽぃしなさい!はい!呼吸法」と笑うのです。

 こいつめ! と思ってたら

 「ごめんね・・・」って・・・。

 あきがバイトを始めて、心配で心配で心配し過ぎてしまったようです。

 でも、アルバイト・・・なんだか今でも続いています。

 一日8時間労働、立ちっぱなし、10cmのハイヒールを履いての仕事です。

 足の裏がはれ上がり、熱を持って、豆の上に豆ができ、

 いつも足の裏を床につけないようにそっと歩いています。

 それでもバイト中は、ちゃんとヒールで歩きまわっているそうです。

 怖い店長も、怒るかと思えば褒めたりして・・・

 あきも、今日こそ辞めようかと思いつつ褒められると嬉しくて

 お客様と接するのも楽しくて・・・

 どうにか続いているようです。

 先輩に聞くと「私も今でもいつ辞めようかって思う毎日だよ」

 と言われたそうです。

 すっごい負けず嫌いなので

 「勉強も、なんでも、どうにかこなせちゃう。

  でも他人ができている事が私ができないというのがとっても

  許せない・・・できない自分が許せないの・・・・

  だから病気になっだけどね・・・・。」

 『私はやればできる子・・・』

 小さい時から自問自答するようにそう言っていました。

 「普通そのセリフは親や先生が言うんじゃないの?」

 と笑ったものです。

 バイトを始めて2週間。

 店長のからのキツイ言葉や、一部のお客様の冷たい態度も

 ぽぃやあるがままに受け止めて、毎日マインドフルネスの

 訓練のつもりでがんばっています。

 最近・・・

 「このバイトが一人前にできるようになったら次は秘書も

  いいかも・・・せっかく秘書検定準一級もってるんだし・・・」

 などと言っています。

 今まで果たせなかった夢をいっぱい抱えているようです。

 段階を追って、一つに絞られていくだろうと見守るつもりでいます。

 あきの体調ですが、

 通常の人でも疲れる仕事です。

 やはり疲れますが、翌日は嫌だとも言わずに支度して出かけます。

 帰ってくると、その日の出来事をたくさん話してくれます。

 その話の中に、訓練のヒントが隠されている事がほとんどです。

 こういう時には、こう考えようとか、ぽぃする部分と

 しっかり受け止める部分など・・・。

 最近、夜気持ちが落ち込む様子が見られません。

 「色んな事がありすぎて落ち込んでる暇がない」

 とあきが言います。

 自律神経失調症の症状も、ほとんど出ていないようです。

 反対に、休みの日になるとちょっと落ち込む事があるようです。

 それも、呼吸法で乗り越えています。

 
 さて、長くなりましたが今日は『思考停止』のお話。

 あきの病状の発覚は昨年5月末(大学4年)の時でした。

 ですが、実は病状はそれよりも1年くらい前から出ていたようです。

 一昨年2008年の初秋。(大学3年)

 あきは本格的な就職活動のため、その時勤めていたジュエリーショップ

 のアルバイトを辞めました。

 ですが、辞める前「計算、良く間違えるの」「バイト先に迷惑かけてる」

 という話を聞くことがありました。

 「あきに限ってまさか」と笑い飛ばしていましたが、実際

 かなりあきにとって大変だったそうです。

 日報を書くのに、売上の計算(電卓を使っていても)を何度も間違える

 何度確認しても電卓が打てない。酷い時には自分の名前さえ間違える。

 伝票を山のように破棄して、泣きたくなった事があったそうです。

 誰でもできる簡単な作業なのに・・・・。

 「このバイトは私に合わないんだわ」とポジティブな考えにしよう

 としても、あまりの間違えに悲しく落ち込む日々だったようです。

 「頭の中が真っ白になるの・・・」

 その頃はすでにうつ(非定型うつ)の症状があったのだと確信しています。

 うつ病や非定型うつ病は、思考停止、覚えが悪い、すぐ忘れるなどの症状が

 でて、周りから白い目で見られることがあるようです。

 あきの場合、バイト先の人たちが良い方ばかりだったので

 人間関係で辛い思いはせずにすんだらしいのですが・・・。

 これは、症状の一つで前頭前野(脳の前の方)の血流が
  
 悪くなっているために起こる現象だと聞きました。

 (改善するためには、有酸素運動やマインドフルネス総合研究所

  で教えてもらう脳トレゲーム、ふりふりぐっぱー体操などが

  有効だそうです。)

 発病前のあきは、数学が得意です。暗算も早く、文章も

 書き間違えるということはほとんどありませんでした。
 
 ましてや、自分の名前を書き間違えるなど、ほんとに考え

 られませんでした。

 うつ症状が良くなってきてからは、履歴書を書くのも1回で

 書きあげることができるようになりました。


 そして、今回アルバイトに入って

 「日報の書き方が早い!計算も完璧!」と

 非常に褒められたそうです。

 店長に

 「あきちゃんは、覚えが早いでしょう」

 とも言われたそうで、帰ってきてその話を聞いて

 私とあきは抱き合って涙流して喜びました。

 「ほんとうに、ほんとうに治って来たんだね!」


 今、うつ病や非定型うつなどで悩んでいる方が

 たくさんいらっしゃいますが、

 病気さえ治れば、今の辛い症状

 うつ症状、自律神経失調症、思考停止などは

 自然と治ってきます。

 仕事をしている人は、周りから白い目で見られたり

 する事が多いかも知れませんが、それはあなたが

 知能が低いとか、性格が悪いとか、そいうことではなく

 うつの症状だということをしっかり認識し、

 周りに振り回されることなく、「治したい」という

 強い願いをもって、マインドフルネスを訓練すれば

 自然と改善されてくることなんだと確信しています。
拍手にコメントいただいた方へ


ラベル:うつ 非定型うつ
posted by シュガー at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

呼吸法

 
 いつも拍手にコメントくださる方から呼吸法について

 のご質問をいただきましたので、セッションで教えて

 いただいた呼吸法を分かる範囲でお伝えします。

 (以前にも書いたのでその内容を一部コピペします)


 でも・・・予めお伝えしておきますが、呼吸法だけでは

 完治しないでしょう。
 
 完治まで到達するにはマインドフルネス療法が必要です。

 マインドフルネスって基本は『呼吸法』と『瞑想』と『洞察』です。

 日々の生活習慣も、運動も大事なんです。

 段階を追って、階段を上るように少しずつ積み重ねて行って

 完治まで到達する(薬も飲まず、再発もしないようになる)訓練をします。

 それをご理解いただいたうえで『呼吸法』のご参考になればと思います。

 
 マインドフルネスの呼吸法は、普通の呼吸、吸うと吐くをいう動作に

 意識を向けて行います。

 息を吸う = 交感神経に作用する

 息を吐く = 副交感神経に作用する

 交感神経は活動的な時に活躍します。

 良い作用でもある反面、うつ病の場合は、不安になったり興奮したり

 怒りを感じたりした時、強い恐怖心がある時、悩みにも反応します。

 そうすると自律神経にも悪影響。

 心臓がドキドキしたり、のどに石があるようにつまったり、胃が痛くなったり
  
 頭痛がしたり、吐き気がしたり・・・・ありとあらゆる体調の不調が出て
 
 来たりします。

 副交感神経は、交感神経のあらゆる作用を鎮める働きがあるのです。

 だから副交感神経が優位になるとリラックスしてきます。

 
 副交感神経を優位にする呼吸法
 
 姿勢を正し、目を閉じずに呼吸法を行ってください。

 (非常に具合の悪い時は、やらないよりは横になってでも

  やった方が良いようです)

 斜め前をぼ~~と見る感じで行います。

 音、目に見えるもの、空気感などをシャットアウトするのではなく

 すべて受け入れて行います。(テレビや家族の話声もそのままに)

 始めは普通の呼吸をします。1分くらいかな・・・

 呼吸に意識を向けます。(この時、何も考えない・・・)

 次に、ゆっくり呼吸をして、吸う方を短く、吐く方を吸う方の時間より
 
 2~3倍長くします。

 (苦しくなるほど吐かないこと)

 これを長く続けると、副交感神経が優位になり、交感神経で興奮した

 神経が静まっていくという訳です。

 ここで大事なのは、腹式呼吸や深い呼吸はしないこと だそうです。

 健康な人なら良いのですが、精神的症状がある方には苦しくて

 長続きしないからだそうです。

 呼吸法を正しく行っていると、10分~15分くらいから
 
 セロトニンが分泌させるそうです。

 (あきは一日30分以上の呼吸法を最低1回は行っています。
 
 それ以外にも短い呼吸法は暇さえあればやっているようです。)

 だから苦しくて続かなかったりすると意味が無いそうです。

 でも、これだけではいけません。

 呼吸法をやっている内にも、ネガティブな考えがいっぱい

 浮かんでくるかもしれません。

 実は、『思考に走らない』っていうのが大事なのだそうです。

 よく座禅を組んでいる場面で、邪念を振り払いなさい。みたいな感じで

 ビックなおしゃもじみたいなので、肩をたたかれるじゃないですか・・・

 あのように、何も考えてはいけない。

 でもそう言われてもどうしても何か考えていて考えに落ちていて、

 考えに落ちているそのことさえ気が付かない事があります。

 (考えている方が楽です。考えない時間をつくるのは大切ですが

  慣れるまで大変です)

 そこで有効なのが【ゆっくり呼吸法(数える)】

 (声に出さず、頭の中で・・・)

 先ほどの呼吸法の要領で・・・・

 吐くとき ひと~~~ 吸う時 つ

 次に吐くとき ふた~~ 吸う時 つ

 1呼吸するたびに、ひとつ

 2呼吸目は、ふたつ

 3呼吸目は、みっつ

 と数えて とぉ(10)まで数えます。
 
 10(とぉ)まで数えたら、また1(ひとつ)から数えます。
 
 とぉまで行ったらまたひとつに戻る・・・

 しかし・・・これが簡単なようで簡単じゃない

 とぉまで行ってもなぜか次は じゅういち(11)とか

 頭の中で言っちゃってますし・・・汗

 しらずに30越えもあったりして・・・大汗

 一度やってみてください。

 こうやって10を超えてしまうということは、

 必ず何かを考えていたということになります。

 あ!10を超えてた・・・考えてた

 と思ったらすぐまた 1から数えなおします。

 自分は大丈夫、10まで数えたらちゃんと1へ戻れる

 などと思っていても、結構数え進んでいるから

 びっくりです。

 思考に走ってどつぼにはまっている自分を確認することもできます。

 早く考えている事に気づいてまた1から数える。

 その思考が良いことであっても悪いことであっても止める。

 ということが大事です。

 なぜ大事かは・・・・・ 全部言わない方がいいですね。

 その答えはマインドフルネスのセッションの中にあります。

 また、この呼吸法を応用した方法もセッションでは教えていただきます。

 あきが良く言う「ぽぃする」呼吸法もあります。

 生活の中に、いっぱい呼吸法を取り入れます。


 話は代わりますが、あきは非定型うつのため朝ではなく夜

 気分が落ち込んだり、不安になったり、寂しくなったりします。

 こういう時、一番効くのが「お風呂」だそうです。

 お風呂で『洞察』を行う方法はセッションでも最初のころに

 教わります。

 具合悪そうにしていても、お風呂からあがってくると

 元気になっていることが良くあります。

 マインドフルネス療法の二本柱は『呼吸法』と『自己洞察』

 これは、治ったと思ってもしばらく欠かせないですね。


 あきは、昨日バイトがお休みでした。

 1週間の疲れと、こんなことしていていいんだろうか?という
 
 焦りが湧きあがってきてしまったそうです。

 「あるがまま・・・・ぽぃできなきゃ、あるがままにする」

 と言っていましたが、こんなきついバイトをしていてまた

 具合が悪くなったらどうしよう。

 こんなことならちゃんと事務の仕事に着いた方が疲れも

 違うし、復帰が早くなるのでは? と疑問が生じたようです。

 自分がやりたくて始めたバイト・・・でも条件がきついことにより

 病気の事を心配し、その心配で具合が悪くなるという

 悪循環の中に1日ひたっちゃっていたようです。

 そのためか、今朝もあまり調子が良くなく、それでもアルバイト

 に出かけて行きました。

 「今日は研修。一日座っていられる。

  呼吸法してるからたぶん大ジョブだよ。」

 そうそう・・・あれから店長さんはあきにあまり怒らなくなった
 
 そうです。

 ※多少修正いたしました。
拍手にコメントいただいた方へ
posted by シュガー at 14:46| Comment(5) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

マインドフルネス総合研究所のセッションに参加


 先週 水・木・金とアルバイトで土曜日には

 マインドフルネス総合研究所のセッションに参加しました。

 まずは、アルバイトの話から・・・・

 水・木 と順調な滑り出しだったアルバイトですが、

 金曜日に怖い店長が出勤しました。

 以前から怖いと言われていたため、朝行う掃除など

 しっかりきちんと行って「絶対ダメだしされないように」

 と本人はがんばったようですが・・・それがどうした?

 というような冷たい態度を取られてしまったのがスタート・・・・。

 まだ覚えていない事までバンバン怒られたそうです。

 「ぽいしなきゃ ぽぃ・・・・」って思っていても

 その日はいつも監視されているような視線を感じて辛かったようです。

 そして、その日の最後にあきにとって大きな事件が・・・・。

 お買い上げということになりAという商品の新品を

 裏のクロークに取に言ったところすぐに見つからず、先輩に聞いたら

 「そこにあるよ」と教えてくれました。

 そこにはちゃんと『A』と書いてあり、素材も同じ、デザインも

 同じに見えたので、それを持って行って広げて確認したことろ

 あきは気付かなかったのですが、実はBという商品だったのを
 
 店長が気がついたそうです。

 少しだけデザインが違う AとB 

 お客様にはもう一度ちゃんとAを持っきたそうですが、帰ってから、店長に

 「自分で確認しているのになぜわからない!ちゃんと確認なさい」

 と非常に怒られてしまいました。
 
 確かに、どんな状況でも、確かめが甘かったあきにミスがあります。

 その時、それまでいっぱいいっぱいだったあきの心の窓(目)から

 水があふれてしまいました。

 「がんばらなきゃ・・・負けたくない・・・完璧にしたい」

 といつも思ってしまうあきなので、人一番努力はしていたようですが。

 他の先輩の話によると

 「いやいや・・・ほんとはもっと怖いから・・・

  あきちゃんにはあんまり怒らない方だよ」と言われたとか・・・・。

 後から聞いた話ですが

 最初から甘くすると、見下してくる新人がいるそうで・・・。

 ため口や、上から目線、ふてくされ、しかと・・・
 
 「だから、最初が肝心」ということらしいです。

 ともすると、翌日何の連絡もなく来なくなる、連絡が取れなくなる。

 もっとひどいのは、休憩に入ってそのまま消えてしまう。

 店長は実はすごくやさしい人らしいのです。

 「仕事の事になると厳しいけど、普段はとってもやさしい」

 とスタッフの皆さんが言っているそうです。

 その日は帰りがけに店長が、

 「明日は休みだからあさっては来なさいよ」と一言

 あきは

 「絶対来ます」と言ったそうです。

  
 そうして翌日はマインドフルネスのセッションに参加。

 休憩中に先生に

 「何も考えなていないですが、昨日の事があってから

  自然と涙が出てきてしまうのです」というと

 「泣いたでしょ・・・・

  辛いと思って泣いたから、その回路ができてしまったんです。

  回路のどこかにちょっと触れただけでも涙が出てしまう。

  0.005秒という短い時間、脳裏にその時の事が浮かんだだけで

  自然と涙が落ちてきてしまうのです。

  大丈夫、その辛かったことを捕まえて色々考えないでいること。

  呼吸法と洞察で治ります」

 と言われました。

  その日はなんとなく、身体が重く、帰りの車では呼吸法をして

  いたのですが麻痺感になりそうな気がしたのと疲れで眠っちゃて

  いました。

  
  翌日、「バイトに行くの嫌だな・・・店長怖いんだもの」

  と言いつつ、ぽぃで乗り切ると出かけて行きました。

  店長の第一声

  「良く来たじゃない!」

  あき
 
  「来るって言ったじゃないですか。来ると言ったら私は来ます」

  あきの成績はまずまずらしいです。

  「まだ始めたばかりなのに以外と売ってるよね」と言われるそうです。

  それでも店長は厳しい・・・・

  ところがその日、店長に売り方のシュミレーションをしてもらって

  一気にあきの気持ちが変わったそうです。

  「売り方」「接し方」など不明瞭だった所がわかったそうです。

  と同時に店長の気持ちも変わったようです。あきに対して

  「かなり良い。上々だ」と言ったそうです。

  一昨日、やさしい先輩と昼食を取った時

  「怒られたら、その言っている意味だけしっかり受け止めて

   後の事(店長の強い口調や怖い表情に対する気持ち)は

   流すようにしているんです。何を言っているのかな?

   注意点だけはしっかり受け止めて、次には注意する

   今はそうやっています」というと

  先輩は

  「すごいねぇ~ それって大事だよね。」と言ったそうです。

  あきは

  「でもねママ・・・これってマインドフルネスだよね。

   マインドフルネスしているからこうやって考えられる」と言いました。

  「店長が怖くってよかった・・・って思うようになったの。

   だって、みんなが優しかったら、訓練にならないでしょ・・・

   店長みたいな人がいてくれたから、ぽぃする訓練になる・・・。

   これからどこに就職しても再発しないように、身に着いてくる。

   感謝だよね・・・・。

   それにね、みんなが言うように、仕事以外ではとってもやさしいし

   良い人だって段々わかってきた・・・でも・・・まだ怖いけどね」

  って笑っていました。

   

 先輩に

  「みんな辞めてっちゃうんだよね。この仕事辛いしね」

 そいう言われるとあきは、「一人前になるまでは絶対辞めるものか」と

 闘志を燃やしちゃいます。

 それが少し心配ではあります。がんばりすぎないようにと思ってしまいます。


 今では、あきは店長に怒られそうになると

 「はいっ!私が悪かったです。どこが悪かったか教えてくださいっ!」

 って言うそうです。

 「以前のバイトもそうだけど『極め』ないと気が済まないんだよね。

  そこが悪い癖ってわかってるけどね・・・」

 先輩が「店長が言ってたよ・・・あきちゃんって素直でいい子だって」

 って言ってくれて、昨夜は嬉しく帰ってきました。


 もう、あの日だけで泣いていないそうです。

 涙もろいのはある意味うつの症状。

 また出るかもしれないけど、気にしない・・・・それが一番!

 「店長! 私涙もろいんです。泣いても気にしないでください」

 って言ったそうです。

 
 今朝も元気に出かけて行きました。今日でバイト6日目です。

 1週間が経ちました。

 うつ症状が強い時、駅まで2~3分の道のりが歩けず

 辛い時期があったのが嘘のようです。


マインドフルネスのセッションですが・・・

 かなり深い心のブラックボックスの話でした。

 自分の心がどうなっているのか・・・。

 今までも話を聞いていましたが、おさらいしてみると

 また一段と深く自分が分かった気がしました。

 これからアルバイトを続けて行くと、行けなくなる日が

 来るかもしれません。

 それでも「セッションにはできるだけ行きたい」という

 あきの強い希望ですので行けるときには協力していこうと

 ソルトと話をしています。

 【追記】

  ドグマチールの減薬は、一日半錠で落ち着きました。
  
  なかなか半錠にならなかったのに、すごいです!

  このままいつか「飲み忘れちゃえ」と密かに思っています。(笑)


posted by シュガー at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする