2010年09月17日

どっしり構えなきゃ・・・


 実は、あきはあれから体調が悪かったのです。

 先週のお友達から電話があって

 「EXILEのチケット2枚もらったんだけど、タダだし一緒に行かない?」

 と言われ、先週土曜日に新横浜まで出かけて行きました。
 
 行く時からあまり気分が良くなかった様子でした。
 
 お友達(親友)のお父さんは音楽関係の偉い人で、

 かなり難しいチケットもとってもらったりしているのですが、

 今回のチケットも関係者席。

 席の周りは芸能人ばっかり・・・。

 楽しい時間が過ごせそうと思ったのもつかの間

 中盤で、かなり気分が悪くなったそうです。

 それでも、お友達に悟られないようにがんばって

 普通を装ってお話して

 「もう、帰れないかもしれないって思ったんだけど

  どうにか帰って来た」

 と倒れこんでしまいました。

 「とっても楽しかったのに・・・変だな・・・・」

 そのころから特にどんどん状態は悪化・・・・。

 TVの例の放送でのショックのためでしょうか?

 「何も考えないようにしている・・でもね

  なんかどんどん気持ちが落ちてくる」

 きっと休火山になりかけていた回路がまた爆発して

 復活してしまったのかもしれません。

 そんな中でも「苦しい中でも何かやる」とつぶやきながら

 銀行に行ったり、郵便局に行ったり、コンビニに行ったり

 履歴書を書いたり・・・・

 ジムにも行きましたが、とうとう翌日は半日寝込んで

 しまいました。

 「8月はあんなに調子が良かったのに・・・」と思うと

 またまた私の中にある病気の疑念がわいてきてしまいます。

 クリニックの先生には

 「減薬の事もありますから、また回復してきますよ」

 と言われました。

 そこでマインドフルネスの先生にお伺いしました。

 「あきさんは、TVの言葉をきっかけに怒り、不安の思考を

  繰り返したので悪化したということがわかっていますので、

  今後も、自己洞察を入れることをしっかりやれば克服できるでしょう。

  よくなっても5年は油断しないこと、活火山にしないことを肝に

  銘じておくことが大切です。考えすぎたための再燃と思われます。

  <中略>

  自己洞察、呼吸法をやれば回復します。

  以前にうつから回復したのだからゆったりとした呼吸をしてください。

  思考していないことを観察してください。

  <中略>
 
  調子よいときにも、自己洞察を入れて、あまり舞い上がったこと

  あまりに活動しすぎないように、自己を洞察している。

  いつも、自分をよく洞察していれば、油断しなければ、大丈夫です。」


  具合が悪くて辛くても呼吸法と洞察をず~~~っとやっていたあきです。

  すると先生からメールをもらった一昨日から突然また回復しました。

  昨日は嘘のように元気になりました。そして今日も元気!

 「あま騒いだり、活発に動いたりしないほうが良いって

  先生が言ってるよ。」

 というと舌をペロッとだして肩をすくめました。

 「普通の病気だって病み上がりに無理しちゃだめでしょ。

  5年は気を付けないと・・・」

 「えぇ~~~っ 5年もぉ~~~

  わかった・・・じゃ今日から5年ね!」

 「また具合が悪くならなきゃね。ちゃんと身につけないと

  ついつい振り回されるからね」

 それにしても、私もまだまだ修行が足りません。

 良くなったり悪くなったりして良くなって行くと分かっていながら

 気分の落ち込みが何日も続くと、ついつい焦りが出てしまいます。

 それなのにあきは反対に、体調が悪いにも関わらず

 「大丈夫だよ・・・良くなるから心配しないで」と

 腹が据わっていました。

 まったく私の方があきに教えられます。

 ほんとに、回復しました。

 こうやって良くなって行くんだな・・・と思いました。


 さて、あきの体調が悪かったから色々と考えてしまいました。

 私の悪い癖です。

 ですがその中で、分かって来たことがあります。

 また、確実に私の中でこうだ!という確証はありません。

 ある情報によりますと・・・

 非定型うつ病には3つのタイプがあるそうです。

 1.不安恐怖症状が目立つ
  非内因性の単極型
  発症による性格の変化有
  強迫性、類ヒステリー性格
  自殺企図は稀
  人格の成熟度が低い

 2.拒絶過敏性が顕著
  気分反応性がある
  過食や過眠などの逆転した自律神経症状 
  発症による性格の変化有
  類ヒステリー、外向性性格
  自殺企図は稀
  人格の成熟度は普通

 3.強い抑制、鉛状麻痺が顕著
  過食や過眠などの逆転した自律神経症状 
  発症による性格の変化はなし
  安定、外向性性格
  自殺企図は有
  人格の成熟度はやや高い

 これが本当だと過程すると、だいたい見えて来ました。

 あきは、ヒステリーは起こしません。

 性格も変わっていません。

 人格の成熟度も普通か少し上かもしれないと思っています。

 そう考えると3に近い気がします。

 が・・・・これだという決めてはありませんし、他の病気の

 併発も考えられないわけではありません。

 これは精神科医でも判断が難しいところだと言われています。

 でも、ここで言われるように3つのタイプがあるとすると

 やはり一部の精神科医やマスコミが言っている

 非定型うつは甘えと怠けと無責任というのはかなり違う気がします。

 1や2のタイプの場合でも、人格の成熟度に弱さがあったとしても

 発病によって性格が変わってしまうというのであれば

 やはり、甘えとか怠けとか無責任とうのは病状の一部と考えた
 
 方が自然な気がします。

 そいういう性格の人が成るのでなく、病気によって外からは

 そう捉えられてしまうといった方が良いんではないでしょうか?

 仕事に行こうとするとうつ症状が強くでて行けなくなる。

 嫌な事をしようとすると同じように症状が強くなるのであれば

 それは症状であって性格ではない。と・・・

 素人ですがそう考えてしまうのです。

 だってそう考えた方が、自然で人間的でやさしいじゃないですか。

 
 仏教の教え?なのか以前にこんな内容の話を聞いた話があります。

 (実際の内容とは違うかもしれませんが)

 昔の人が像について

 一人はしっぽだけ見て細くて長い と答え

 一人は耳を見て大きくてひらたくてひらひらしている と答え

 一人は腹を見てざらざらしていて毛が生えていて広い と答えた

 だれも間違ってはいないが、だれも本当の像の姿を答えてはいない

 という内容だったと思います。

 情報も一部を捉え、それがすべてだと思ってしまうと大きな間違い。

 非定型うつも、甘えで怠けで無責任という一部の病状だけ

 クローズアップすると、他のタイプがあることも知らずに

 そいういう物だと思ってしまいますよね。

 
 今回は、あきだけでなく、きっと私の方がずっと一部を捉えて

 右往左往してしまったのだと思いました。

 もっと、賢く、冷静にあらねばなりませんね。

 ほんとに修行が足りないです。

***********************************************

  akiraさん

  おっしゃるとおりですね!

  あるがまま・・・大事だけどついつい忘れてしまいがちです。
 
  いつもで思いだせるようになるまで私も修行です。

  どちらかというと、あきの方が一歩先を歩いているような

  気がします。(汗)


 すずPさん

  お母様はすずpさんが可愛くて仕方ないんですね!

  がんばれ!って言ったり叱咤激励するのは

  どうにか治って欲しいと思うからですよ。

  接し方が分からないだけ・・・。

  お母様の心の中はきっとすずpさんの事でいっぱいなんだと

  思います。

  ソルトもそうです。

  心配だったり、可愛かったりすると、今までは

  怒る(子供にとってみれば怒ってると感じる)方法でしか

  愛情を示せなかったのです。

  でも、それが子供にとって辛いというのは理解できていないのが

  ほとんどです。辛いですね・・・・。

  理解してほしいですよね。どうして辛いのに分かってくれないの?

  って思っちゃいますよね。

  でも、憎んだりしてはダメですよ。

  今は感じられなくてもきっとその裏側にはお母様の愛が
 
  あるのです。いつか理解できる日が来るかもしれません。

  でも、我慢はダメです。我慢は長続きしませんし、病気にとって

  良くありません。ストレスになってしまいます。

  akiraさんが言うように、あるがままが良いです。

  辛くても、ただそのままにしておく。

  辛い辛い、お母さんはなんであんなこというんだろう

  など考えず、ただ、客観的に見る。難しいですが・・・

  できるようになると病状は少しずつ良くなります。

  あきが見本ですよ。



ラベル:非定型うつ
posted by シュガー at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

フリーズ


 昨日は、熱くなってついつい支離滅裂な文章を

 書いてしまったにもかかわらず、

 今見たら7つもの拍手をいただいていてびっくりするやら

 感謝の気持ちやらでいっぱいです。

 
 さて、あれからのあきですが、かなりやばい状況に

 陥ったのは本当です。

 午後から寝込んでしまいました。

 夕食の時、どうにか起きてきて、心騒がせないように

 がんばっている様子が見えていたのですが、

 そこへ、ソルトが「あき?どうした具合悪いのか?」

 と帰ってきて声をかけました。

 私がTVでの放送の話をすると、ソルトが熱くなってしまい

 「マインドフルネスをやっていて、周りの事に

  振り回されるなんてまだまだだ!」とか言っちゃいました(汗)

 あっちゃぁ~~~~ 

 あきの顔を見たら、そのまま固まってしまって・・・・。

 「こ・・・怖い・・・」と小さい声・・・

 一気にトラウマが再燃か?

 私が後から、「あきはまだ訓練中だから・・・」というと

 納得していましたが・・・・。

 まだ無理です・・・健常者だってTVで報道されれが

 それが真実だと思います。

 ましてや、少しの事で傷つきやすくなっているのですから

 それを、完全に悟った人間のようにはできるはずはありません。

 ソルトの言っている事は間違っていないのですが

 事実、その瞬間にはやはり訓練したことを実践できるかというと

 難しい所があります。でも・・・

 瞬間にはできなくても、後から思い出して行動することはできます。

 あきとじっくり話合ってみました。

 「外側にあることは、自分の中にあること・・・

  TVも例外ではない。

  誰が何を言おうと、自分をしっかり持っていると

  振り回されることはない・・・ってパパは言ってるんだよ

  怒ってるんじゃなくって説明しているだけ

  口調が強く感じるのは、熱く語ってるだけだよ。

  家族だとどうしても口調が強くなるよね。

  パパも、時々反省してるよ」

 というと、やっと身体の力が抜けて理解できたようです。

 パパが怖い!という気持ちは再燃してしまってフリーズ

 してしまったあきですが、寝る前にはソルトにストレッチ

 してあげて「すごく気持ちいいよ」と言ったソルトに
 
 にっこりしていました。

 今日は、とっても気持がいいお天気

 「なんか2日くらい前から背中が筋肉痛・・・」と言いながら

 気分は昨日ほど悪くない様子。

 「頭も痛くないし、ムカムカもしないし、耳鳴りもないし

  口内炎も無い・・・・最近は気分落ちることはあっても

  身体の具合は悪くないよ」というあきです。

 ソルトに「仕事についてくるか?ドライブがてらに」と声を

 かけられると、嬉しそうに車に乗って出かけて行きました。

 
 ソルトの言うとおり、外で騒いでいても(TVも同様)

 心騒がせず、ただあるがままそのままにする・・・・。

 私も忘れかけていました。反省ですね。

 
******************************************************
拍手にコメント下さった

   ☆ほしさん
    やっとほしさんがどなたなのか分かりました。
    最初は、独身の方かと・・・次にご結婚されていると
    いうことで、別の方を思い浮かべていました。
    次回には、ぜひお話しましょう!楽しみにしています。
    ほしさんのコメントをあきはいつもそばにおいています。   
    「すごいね・・・ほしさんって・・・
     お父さんの事、なんか良く分かるから感動する。
     私も負けないでがんばらなきゃ!」と言っていました。
    ほしさんのコメントはあきの励みになっているようです。
    ありがとうございます。

   ☆すずPさんへ
    追加のコメント拝見してびっくりしました。
    いえいえ!とんでもない。不快感なんて無いです。
    おっしゃるとおりですよ。
    うつ病は薬で治りやすいけど、非定型うつは治りにくいです。
    でも、うつ病の方にしてみれば、楽しいことを楽しい!って
    思える時間があるというのは、ほんとに羨まし事だと思います。
    そうやって徐々に楽しい時間、スイッチが切れている時間を
    身体に覚えさせて回復していくということもあります。
    その根底にはマインドフルネスが不可欠ですが・・・。
    すずPさんに笑顔になれる時間が多くなってきますようにと
    お祈りしています。
    それにしても、病気を抱えて仕事をされているすずPさんは
    えらい!と思います。
    (素人ですが、薬が多い事がうつの原因の場合もあるようです。
     実際には何種類もの薬を組み合わせての治療はありえない
     そうです。もう一度薬を見直していただくというのも
     ありかもしれませんよ)

   ☆pocoさん
    はじめまして!
    大変な思いをされているんですね・・・。負けないで!
    って、患っていないから簡単に言えるのですよね。
    実は、このブログでは言っていませんでしたが、
    私も2年ほど前、癌の宣告を受けました。
    非常にめずらしいところの癌で、すでにステージ4と
    言われていたのです。4~5つの病院をいきわたり、
    結局信頼のおけるところで手術したらなんと奇跡的に
    癌ではありませんでした。
    すべての病院のすべての医者が癌と診断したのですが、
    手術して取って細胞を調べたところ非常にめずらしい
    爆発的に拡大し、周りの骨を溶かしていく良性腫瘍でした。
    そのころのあきは、私が死んでしまうと思い、
    実際にはほとんど眠れないほど傷ついていたのですが、
    表面上は異常なくらい明るくふるまいました。それも
    今回のうつ病の原因の一つだろうと思われます。
    私は癌ではありませんでしたが、良性腫瘍と言われる
    瞬間までは、まぎれもなく癌患者でした。
    いつも気持ちが重いですよね。晴れないですよね・・・。
    なんで?って思いますよね・・・。
    癌によるうつは非常に多いです。無理ないです。
    でも、同じ人生生きるなら、明るく楽しく・・・・・
    頭で分かっていてもなかなかできない。でもそれでも
    胸を張って、あるがまま受け入れて、瞬間瞬間を
    大切にして生きていってください。
    笑って生きていると癌も小さくなるそうです。
    これはあきが教えてくれました。
    手術するまでずっと笑わせてくれていました。
    きっと克服できるようお祈りしています。

ラベル:非定型うつ
posted by シュガー at 15:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

無責任なマスコミ報道


 まず、火曜日は通院日でした。

 ここのところ、気持は低空飛行。

 特に、女の子はブルーディの前後は落ち込みやすいのです。

 主治医にも、マインドフルネスの先生にも

 ブルーディの時は落ち込む事が多いと言われています。

 病気じゃない子もそうだものね・・・。

 低空飛行の中、クリニックに行ってきました。

 ドグマチールが 半錠と4分の3錠を一日おきにして

 半錠だけにして落ち込んだので戻した話をしました。

 「しばらくするとまた良くなります。それまで今までのままで・・・

  良い日が続いたら半錠にしてみてください」と言われました。

 減薬はほんとに難しいです。


 さて、今日の昼間、テレビで非定型うつ(新型うつ)の話を

 していたとあきから聞きました。

 その直後、体調がぐぐっと悪くなりなんとなんとなんと

 鉛様麻痺感が来てしまいました。 本人も凄くショックのようです。

 どうやら少し話を聞いてみると

 テレビの中で

 「通常の鬱の人は、責任感が強く、まじめで、一生懸命。

  新型うつの人は、責任感が無く、嫌なことは逃げる」

 と言ったような内容だったようです。

 実は、そういう話は精神科医の中でもする人がいて、人間性を

 どうのこうのと病気につなげてしまう事は往々にしてあります。

 だからこそ世間的にも誤解が多く、偏見も多いのが新型うつです。

 身近な家族にも誤解を受け、辛い思いをして、自殺に追い込まれる

 人もいるのです。

 では、本当にすべての新型うつの人は責任感が無く、嫌な事を逃げる

 不まじめで、いい加減で、甘えていて、怠け者・・・・なのでしょうか?

 科学的根拠があるのでしょうか?

 私は、あきしか見ていませんが、決してそんなことはありません。

 確かに親の目から見ると甘くなるのかもしれませんが

 それを差し引いても、甘えとか責任感が無いというのはあり得ません。


 ●小学校から大学まで出された課題(宿題など)忘れたり怠けたり

  したことは一切ありません。

  それは担任からもちゃんとしていると聞いています。

 
 ●小学校時代、自閉症のクラスメイトの面倒を率先してずっと見ていました。


 ●そのクラスメイトが修学旅行に行けないと分かって、クラスメイトの

  お母さんに手紙を書いて「私が責任を持って面倒見るから一緒に

  行かせてください」と言い、お母さんから感激の承諾の手紙をいただき

  一緒に行けました。終始責任感をもってがんばったと先生が大変褒めて

  くれました。


 ●下級生が上級生にいじめられてるとそばに言って上級生を脅します(笑)

  「お前・・・そんなことしていいと思ってるのかっ!」って

  「いつも、あきちゃんに助けてもらってるんだって。ありがとうね」

  と下級生の親(数人)が私に直接言ったことが何度かあります。


 ●中学時代、人見知りがあり、他の人を寄せ付けない雰囲気はありました。

  でもちゃんと話すと

  「あきちゃんて明るくて良い子だったんだ」と言われました。(友達談)


 ●中学時代、電車の窓からゴミを捨てる友達を怒鳴りました。
  
  その子は、今度は電車の床にゴミを捨てました。
 
  「で?それは誰が後始末するの!」と怒って最後にはゴミ箱に

  捨てる習慣を付けさせました。


 ●確かに率先して何かをやる派手なタイプではありません。

  でも、賛同したら一生懸命やる。おかしい、非常識だと思ったら

  頑として動かないタイプです。


 ●高校時代、同級生のお母様方(何人にも)直接私が良く聞いた話ですが

  「あきちゃんはしっかりしててい良いわね。

   あきちゃんを見習いなさいよって良く言っているのよ」

  どうやら同級生のお母さんの間では非常に評判が良かったらしいです。

  半分はおせいじだとは思いますが・・・


 ●高校時代 ダンス部にいて後輩の面倒も見て結構ファンも多かったと

  聞いています。(実際、文化祭でもその様子を見ています)


 ●大学時代 アルバイト先(ベーグル屋)で「10分で10個作って」

  と言われると10個では気が済まず、12個・13個と自分の限界に

  挑戦していたそうです。そしてアルバイト先のすべての仕事が

  できるようになってオールマイティになってしまいました。

  そのせいか、重宝されてしまい、

  アルバイトは休日一切なしの連続2カ月という時もありました。
  
  「休みをもらいなさい」と言っても

  「だって、他の人が具合悪くなったんだもの。私が行かなきゃ

   誰が行くの? 他にできる人がいないんだから。私は大丈夫」

   と私の言葉をたたみかけるよに押さえつけます。

  「急に電話が来たの。明日休みだけど来てくれって・・・」
  
  この時何度も怒って止めたのですが、無理でも(身体で)止めれば

  よかったと後悔しています。顔色も悪く、ふらふらだったのに・・・。

  アルバイト先は、アルバイトの事など考えず、仕事の穴が

  埋まることだけ考えていたのですから・・・。

  就職活動のエントリーシートにも、

  「私の短所は負けず嫌いです。ですが長所も負けず嫌いです。

   自分の限界を知って、それでも、それ以上の努力をすると少しずつ

   でも向上していく・・・・」

  という内容の物を書いていました。そのアルバイトは片道2時間

  往復4時間の大学通勤の途中でやってましたので、帰宅はいつも

  深夜1時過ぎ・・・翌日は通学のため6時半に家をでる生活、

  それをしっかり単位を取るため3年間やっていました。

  辛かったと思います。きつかったと思います。
 
  4年目には単位が1つだったので休みが増えたころ発病が分かりました。

  親の監督不足。それはもうどう責められても仕方ないです。

 ●大学の単位のほとんどを3年生までに取得。4年生では卒論の単位

  のみでした。

 ●約束の時間には遅れない。遅れるときは事前にメールする。

  ドタキャンは具合が悪い今でもしないです。どうにか早くから支度を

  始めて、這ってでも用事を済ませます。

 ●卒論は、具合が悪い中、泣きながら書いて、提出日初日に提出しました。

 
  どこが、責任感が無く、嫌な事を逃げる、不まじめで、いい加減で、

  甘えていて、怠け者・・・・なのでしょうか?

  患者の辛さをほんとに理解していない一部の精神科医とマスコミの

  せいで、追い込まれている新型うつ(非定型うつ)患者は多いと思います。

  私はこのマスコミなどの報道を以前から知ってはいましたが、

  あきにまったく当てはまらないので特に言う必要もないと思い、

  あきに伝えたりしていませんでした。

  ですが、今日のテレビを見て、すごくショックを受けてしまったようです。

  「今まで私ががんばってきたのは何なの? 誰も認めてくれないの?

   辛くてもがんばって睡眠時間もとれないほど大学時代はがんばって

   それでも甘えなの? これ以上どうやってがんばるの?

   病気になったのは私がいけないの?間違っているの?甘えているの?

   怠けているの?」

 
  確かに、以前は過食、過眠がありました。

  今でも夕方から夜になると具合が落ちる日もあります。

  楽しいことがあると、具合が悪くてもその時間だけは楽しく過ごす事

  ができます。

  症状は、非定型うつ(新型うつ)そのものです。

  ほんとに、非定型うつ(新型うつ)は、

  甘えですか?いい加減ですか?責任感無いのですか?

  あきは芝居のできる子ではありません。

  辛い時はほんとに辛いのです。

今は、ただ一心に治りたいという願いだけで、呼吸法や洞察、課題を

  一生懸命やっています。その努力はすさまじい物があります。

  一部の誤解を招く報道にはほんとに悔しい思いをしてしまいます。

 
  今度、体調が良くなってくれるのはいつでしょ・・・・

  呼吸法と洞察で、一日も早く調子を取り戻して欲しいです。


【追記】

  あきに性格ですが、あき自身がこういいます。

   ・パパがいるとその場をなごまそうと明るく声をかけたり
 
    おべっかを使ってしまう。いつ怒りだすか分からないから・・・

    今は怒ったりしないけど、ついそうやってしまう自分がいる。

   ・車に乗っていて登り坂になってエンジンをふかす音を聞くと

    自分が乗っているからだ・・・申し訳ないと思って

    車から降りたくなる。ついお尻を浮かせてしまう。意味無いのに。

   ・働いていない事に異常に申し訳なさを感じてしまう。

   ・いつも自分を責めてしまう。

   ・いつも、私が生まれてこなければパパもママも苦労しないで

    すんだのに・・・と思う。

   ・私の事、好き?って思う。嫌いになってない?って思う。
   
   
  でもね・・・これは病気の成せる業だよ。あきの性格じゃない。

   あきには本来の自分に戻って、明るく元気に生きてほしい。

   責任感は十分ある。あり過ぎるほどある。
   
   怠けようなど考えていな事は分かっている。

   今は何かをやろうと思っても出来ない。出来なくてもいいんだよ。

   身体が辛い時は、甘えていいんだよ。


   非定型うつ? 非定型うつは人のせいにすると言います。

   暴言を吐いたり、暴力をふるったり・・・・そんなこと

   まったくありません。 自分をすごく小さく感じているのです。

   
   とにかく『治すこと』

   それに専念するように・・・・。あまり周りに振り回されない

   しっかりした信念を持って、治して欲しいと願っています。



 【お願い】多々のご意見はあると思います。

      ここはあきも見ていますので、病状に影響するような

      コメントは、表示いたしませんのでご承知置きください。

posted by シュガー at 15:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする