2010年03月22日

薬(抗うつ剤)が中・軽度うつに効かないという裏付け

 前日にも書きましたが、抗うつ剤が特に軽傷・中程度のうつ病に

 効きにくいという裏付けを書きます。

 実はソルトが正月明けに読売新聞に書かれていた抗うつ剤が効かない

 という内容の記事を、マインドフルネス総合研究所の先生も大きく取り上げ
 
 られました。

********************************************************

 2010年1月7日(日本版) ウォールストリートジャーナル

 ワシントン発

 重度のうつ病患者は抗うつ剤から恩恵を受けるが
 軽度から中程度のうつ病患者には抗うつ剤の効果が
 ほとんど、あるいはまったくないとする新しい
 解析結果が5日明らかになった。

                以下省略

 *******************************************************

 全文書いちゃうと著作権の問題などあるので省略します。

 ご覧になりたい方は、図書館などで今年の1月7日の新聞を

 見てください。かなり衝撃的な発表です。

 というだけでは、裏付けにならないので要約して簡単に書きます。

 要するに重症患者、中程度の患者、軽度の患者さんたちに

 SSRIの新薬と、小麦粉のように、まったく効き目もなく、身体にも

 問題の無いダミーの薬(見た目まったく分からないもの)

 を実験に参加してくれた患者にどちらがダミーか内緒で投与したそうです。

 すると重度の患者さんの新薬を使った人はかなり症状が改善された。

 重度の患者さんで、ダミーを使った人は改善が無かった。

 また、中程度・軽度 の患者さんは新薬・ダミーどちらを
 
 使用しても、改善は無かったというものだそうです。

 ペンシルベニア大学の心理学教授ロバート・デルバイスさんによると

 抗うつ剤の効果を検討する実験は、今まで多く行われてきたけど

 それらは全部重度のうつ患者を対象としたものだったと言っています。

 実は、中程度、軽程度で苦しんでいるうつ患者さんはうつ病患者の

 大半をしめるそうです。

 それなのに、効くか効かないか実験しないで投与していたことになるようです。


 そこでオススメなのが心理療法です。

 でも、合う人と合わない人がいるということを一応お伝えしておきます。

 ・軽いうちにうつ症状に気づいたら心理療法を受けましょう。

 ・重いうつ病になったら抗うつ剤投与と休養しましょう。

 ・うつ症状が軽くなってきたら心理療法を受けましょう。

 ・治ったと思っても再発しないように心理療法を受けましょう。

 ・今、うつ病でなくても予防として心理療法を生活に取り入れましょう。

  ※マインドフルネス総合研究所の先生に教わった事です。
   心理療法とは、『認知行動療法』『マインドフルネス療法』です。

  マインドフルネスは認知行動療法より新しい心理療法ですが

  日本にはなかなか指導してくれるとことが少ないです。

  認知行動療法の全国で行われている病院・施設のリストがある

  URLを見つけましたのでリンクしておきます。

  http://psych-toolbox.hp.infoseek.co.jp/CBT/kikan.html

  でも、できればマインドフルネスがいいよなぁ~って思います。



  ※下記のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。

  人気ブログランキングへ



posted by シュガー at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

薬と休養だけじゃ治らないうつ

 いつもこの話題になってしまいますが・・・・

 うつ病は、薬と休養だけでは治らない人がほとんどだと言われています。

 ほとんどというのはどれくらいかと言うと一部の情報では

 薬と休養だけで治った人はうつ治療をした人の10%と

 言われています。

 さすがに私も、まさかここまで低くはないだろうと思いますが・・・
 
 そして、その薬で治ったとされる人の中で、

 再発する人は、2年以内に50%

 一生涯のうちに再発する人は、80%

 再々発は70% 再々再発もその中から70%

 再々再々発も 再々再々再発もある病気なんだそうです。

 怖いです・・・・

 治っても、どこまでもどこまでも追っかけてくる病気なんです。

 それも、ストレスを感じて再発するのではなく、何の原因もなく

 再発することもあるそうです。

 これを阻止するには、やはりマインドフルネスか認知行動療法

 が良いと私は信じています。

 特に、あきが指導を受けているマインドフルネス総合研究所の

 マインドフルネス療法は、どうして良くなるのか、どうして再発しないのか

 という裏付けをちゃんと教えてくれます。

 だから納得して受けられるのです。

 ただし、大うつの場合は、マインドフルネス療法を受けることができません。
 
 まず、呼吸法が苦しくてできなかったり、落ち込みが激しくて話を聞くこと

 さえできなければ、改善はしないからです。

 では、その場合はどうしたらよいかというと、SSRIをはじめとする新しい抗うつ薬

 が必要になります。

 薬は効かないと言ったのになぜ?

 って思われた方・・・

 するどいっ!

 実は、SSRIなどの新薬は、大うつの場合はよく効くそうです。

 (だから、薬が悪いというわけではないのです。

  薬だけではなかなか治らないということなのです。)

 効いて、中程度、軽程度になってから認知行動慮方やマインドフルネス

 を始めると良いそうです。

 大うつの場合はまず、セロトニンの取り込みに大きな問題があり、

 中・軽のうつは、セロトニンの取り込みだけが問題なのではなく

 ストレスによって前頭前野の血流が悪くなり、脳が委縮したことに

 より、思考停止、物覚えが悪い、頭痛、胃痛、腹痛、吐き気、鳥肌

 などの症状が出るそうです。

 それを改善しなければ治ったと言えないような気がします。

 私はこう考えます。

 中・軽のうつは、薬だけではなかなか治りきることができない。

 だから、良いと思ったことを何か始めてください。

 マインドフルネスや認知行動療法に否定的な場合は、ヨガをやるとか

 スポーツを始めるとか、お料理でもいいです。

 禅で言うところの、『今を受け入れ、今できることをする』

 だと思います。

 実際、うちの娘は改善されてきています。

 マインドフルネスや認知行動療法を身につければ、お金に代えられない

 一生の宝物になります。

 そして、再発防止にもなります。

 今、うつ病出ない人も、マインドフルネスを行うとうつ予防になるんですよ。


 ※下記のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。

  人気ブログランキングへ


 
ラベル:うつ 非定型うつ
posted by シュガー at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネス | 更新情報をチェックする

強風のため・・・


 昨日は、打ち上げも終わり帰ろうとしたら電車がぁ~

 強風でストップ。

 でやっとこさ家に帰ってきたのが真夜中の2時

 「大丈夫?」と聞くと

 「つかれたぁ~ すこしムカムカする」

 とは言うものの、ちゃんとお風呂に入って寝ました。

 そして、まだ寝てます(汗)

 ま・・・仕方ないかな・・・

 でもとっても楽しかったそうです。

 花束なんかもらっちゃって。

 サークルのパーティには某雑誌のモデルさんも何人か来たらしいです。

 「私のファッションがかわいいってみんなに褒められた」

 決して高いもの着てるわけじゃないのに、なぜかファッションは

 褒められたりして、みんなに真似されるそうです。

 そして、今日はまだ夕方用事があって東京に出かける。

 明日もコンサートで東京に出かける・・・

 大丈夫かなぁ~

 なにせ、月曜日からびっちり東京にでかけているんです。

 それでも、明日のコンサートが終わったら
 
 養生に専念する。減薬をする。ジムに通う。

 のが目的だそうなので、明日までは大目にみましょう。

 体調も疲れも、ほんとに良くなってきましたから・・・。

 
002.jpg



 ※下記のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。

  人気ブログランキングへ
posted by シュガー at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況 | 更新情報をチェックする